中国腐敗撲滅運動強化の余波 高い人気誇る公務員受験者激減

NEWSポストセブン / 2014年4月19日 7時1分

 中国では大学卒業生の就職難が続き、生活や身元が安定している公務員の人気が高いはずだが、今年の中国の地方省市の公務員試験受験者が減少傾向を示すという珍現象が起きている。この背景には、習近平国家主席が提唱する、党幹部に対する厳しい腐敗撲滅運動や節約令があるようだ。

 湖北省の新聞「長江日報」によると、同省では4月12日に公務員試験が行なわれたが、その受験者数が8万3146人と、昨年の約9万3000人に比べると、1万人も減少した。

 この傾向は湖北省にとどまらず、中国の1級行政区である23の省自治区・直轄市のうち、16の行政区で軒並み受験者が減ってしまったのだ。

 中国ではこの20年来、大学が雨後の竹の子のように急増していることから、大学卒業生の3割くらいしか就職できない状況が続いており、公務員志望者は非常に多い傾向が続いていただけに、奇妙な現象と言わざるを得ない。

 これについて、北京の中国共産党幹部によると、公務員は仕事が楽で、朝出勤すれば、ほとんど仕事はなく、まずはお茶を飲んで、新聞を読んで時間をつぶす。そのあと、昼ご飯を食べて、また、新聞を読み、3時ごろにはおやつの時間。夕方5時には仕事は終わりという。

 業者からの付け届けや接待もあり、「これ以上の天国はないほどだ」と語っているが、そのような状況一変したのは、一昨年11月に習近平政権が発足してからだ。

 習氏は厳しい腐敗撲滅キャンペーンを展開し、「虎だろうが、蝿だろうが、不正をすれば、共に叩く」と公言して、実際に1年間に5万人以上の幹部が規律違反で処分されている。省長や大臣クラスの幹部も11人が摘発され、刑務所行きとなった。

 また、節約キャンペーンも始まり、業者との飲み食いなどの接待が激減し、賄賂も少なくなり、懐具合が寂しくなったことから、「公務員受験者が激減するのも無理はない」とこの幹部はため息をつく。

 ある北京市民は「入ったばかりの末端の公務員ほど上役の顔色をうかがわなければならず、人間関係も難しく、ストレスが多いのも、実は公務員の実態だけに、習近平の厳しい政策のせいで、公務員のうま味がまったくなくなってしまい、不人気業種に陥落してしまったのだ」と語っている。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング