フジ島田彩夏アナ「この春、エリートコースに乗った」と評判

NEWSポストセブン / 2014年4月22日 16時0分

 春はアナウンサーにとっても出会いと別れがある季節。フジテレビの島田彩夏アナ(39)は、この春の改編で「エリートコースに乗った」と評判だ。

 3月末にお昼のニュース番組『FNNスピーク』の担当を外れ、地上波から消えBSフジでの出演がメインになっっている。一般の視聴者の目には「干された」ように映るが、実はフジ社員からの評価は180度異なる。

「島田アナが担当する報道番組『プライムニュース』は、絶対権力者の日枝久会長の大のお気に入り番組。かつて日枝会長の覚えがめでたかった八木亜希子アナ(48)も、長年この番組を担当していました。この番組に起用されることは、ウチ的には“大出世”なんです」

 どうも、「内向きの論理」が幅を利かせているようで。

※週刊ポスト2014年5月2日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング