餃子の王将社長射殺「不審人物浮上」報道はガセと捜査関係者

NEWSポストセブン / 2014年4月29日 16時0分

 消費増税もなんのその、春闘では労働組合の2500円のベースアップ要求に対し、4倍に当たる「1万円回答」という大盤振る舞いで話題を呼んだ「餃子の王将」。

「ああいう事件がありましたが、お客様から『頑張って』というお声をたくさんいただき、それに応えて従業員も非常に頑張ってくれました。それを今回の春闘のなかで、給料のベースアップという形で表現したということです」(王将フードサービス経営企画部)

“ああいう事件”とは、昨年12月19日早朝、大東隆行社長(享年72)が本社前で25口径のオートマチック銃で4発撃たれ、殺されたこと。

 ショッキングな事件から4か月、これまでに暴力団とのトラブル、中国系半グレ集団の暗躍、中国進出時の地元マフィアとの軋轢、創業者一族との確執など、さまざまな背景が報じられた。

 しかし、いまだ犯人逮捕には至っていない。捜査はいったいどこまで進んでいるのか。京都府警捜査関係者が明かす。

「ホシの目星がついたとか、不審人物が浮上したなどと報じているところもあるが、巷間言われているようなトラブルは、すべてあたりました。はっきり言って、報道は全部ガセ。捜査はまだ暗中模索の状態で、これといった筋は見えてきていません。今は会社の取引のなかで、気になる金銭の流れをひとつひとつ丹念に追っているところです」

 犯行の手口から、犯人はプロと見られている。“第二の犯行”という不測の事態の可能性も危惧されるため、事件発生以降、今も王将の役員らに身辺警護をつけているという。

 それだけに、「女殺し屋説」などがまことしやかに報じられていることに、捜査関係者は苦笑するばかりだ。

「本当にそうだったら話は早いんですが…。長期戦になると思われるので、犯人逮捕は、しばらくお待ちいただきたい」(捜査関係者)

 早くも「お宮(迷宮)入りでは」との声も聞かれるが、はたして――

※女性セブン2014年5月8・15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング