40代の美熟女優「石田ゆり子を忘れちゃ困る」と杉作J太郎氏

NEWSポストセブン / 2014年5月5日 7時1分

「好きな熟女女優」といえば、相場は決まっている。名を連ねるのは鈴木京香(45)、高島礼子(49)、米倉涼子(38)といった、最近のドラマでよく見かける主役級の女優ばかり。しかし多くのシニア男性は首を傾げている。

「我々が本当に欲情するのは、もっと密やかに美しかったり、もっと生々しくそばにいることが想像できる存在なんだ」──と。

 50歳以上だけに聞いた本当にグッとくる女優とは誰か。

 名前が挙がったのは40代の「美熟女優」たち。人妻の鶴田真由も、44歳でこの世代に含まれる。この人の場合、特徴的なのはあの鼻にかかったような「声」だ。

「和風な顔なんだけど、濡れたような声っていうのかな、たまらない。あの声で喘ぎ声が漏れたら、すごく興奮するでしょうね」(58・中小企業社長)

「ちょっと待って、石田ゆり子(44)を忘れちゃ困る」というのは、漫画家・映画監督などマルチに活躍する杉作J太郎氏だ。

「美しさをキープしているだけじゃなく、彼女の立ち位置のバランスが見事なんです。色気が過剰なわけでもないし、サバサバしているわけでもない。あの特徴のなさが、かえって男の想像をかき立てる。モジモジ恥ずかしがるだけか、いやいや案外向こうから……。彼女は80歳になっても女として進化し続けるタイプですよ!」

 あの「ポッキー四姉妹」の中でも、透明感が突出していた中江有里ももう40歳。白いブラウスにパラソルが似合う少女だった彼女が、大人へと成長を遂げた。

「昔からNHKのBSで『週刊ブックレビュー』って番組やってるでしょ。あの可愛い顔が、どんどん大人っぽくなっていくのをずっと見てます。ますます知的になっていくのは、あの豊富な読書量のおかげかもしれないね」(53・出版社社員)

※週刊ポスト2014年5月9・16日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング