「モンスター新人」を特集したテレビ局の「歪んだ構造」分析

NEWSポストセブン / 2014年5月7日 16時0分

 残業代を気にする「モンスター新人」の是非を問う声がネットで大きい。なぜ残業代を気にしてはいけないのか。コラムニスト・オバタカズユキ氏はそこにテレビの世界の歪んだ構造をみる。

 * * *
 ここ最近、ネットで「モンスター新人」という造語を見かけることが多い。唐突に出回った感があるので、なんだろうと確かめてみると、テレビでそういう番組が放送されたせいだった。

 4月4日にフジテレビの情報番組が、4月29日にTBSのバラエティ番組が、それぞれ「モンスター新人」を特集にした。それらの番組で紹介されてたモンスターな新入社員のケースは、例えばこんなものだ。

・プライベートを重視しており、上司が飲みに誘っても断ってくる。
・遅刻や欠勤をしても平気で、連絡をするにしてもメール1本で済ます。
・やりがいのある仕事でも、残業代が出るかどうかをすぐに気にする。
・ロクに挨拶ができず、敬語も使えない。
・言われたことしかやらない。
・叱ると逆切れし、そのまま家に帰る。下手すりゃ、会社を辞めてしまう。

 番組ではスタジオの出演者たちが「モンスター新人」の再現ビデオを見て一方的に嘆いたり呆れたりしていた、わけではない。特にフジテレビのほうの出演者たちは、「わからなくもないよね」といった感想も交わしていて、その寛容さがむしろ意外なぐらいであった。

 しかし、刺激的な言葉というものは、そういうニュアンスなどを脱ぎ捨てて、一人で勝手に歩き出す。そして、ネット世間のさらし者にされる。

 私が見まわった限り、「モンスター新人」は評判が実に悪い。そんなイメージを勝手に作るなよ、マスゴミが、という調子で。特に「残業代を気にする」件に非難が集中している。気にして当たり前だろ、それをテレビが非難するような日本だからブラック企業がはびこっているんだ、という具合に。

 ネット用の記事でネット側に立つのは、どうも卑怯な気がしてためらうところもあるのだが、私もこの特集の台本をつくった番組制作者の感覚はズレていると思う。だいたいテレビを含めたマスコミは、ずーっと長いこと「サービス残業」問題をとりあげて、働く一人一人の意識が変わらなきゃいけないと言ってきたではないか。

 だったら、「残業代を気にする」≒「サービス残業を厭う」若者の出現は喜ばしい話で、少なくとも問題視するような件ではないのである。普通に考えてやはりそうなのだ。

 他の件でも、けっこうな違和感がある。「上司が飲みに誘っても断ってくる」と言うが、いまどきの若者を対象とした市場調査では、「上司と飲みたい」派が多いとの結果がいくつも出ている。「遅刻や欠勤をしても平気」「挨拶ができず、敬語も使えない」こと自体は問題だが、そういう人間を通した採用面接って何?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング