在特会が憤る京都朝鮮学校の公園問題 地元当事者が実情語る

NEWSポストセブン / 2014年5月14日 7時0分

 安倍首相は人口減少社会の到来に備え、20万人の移民を受け入れるプランの検討に入った。移民受け入れを論じる上で避けて通れないのが在日コリアン(約53万人)、在日中国人(約65万人)の問題だ。地域社会での軋轢、吹き荒れるレイシズムの現状はどうなっているのか。

 今年3月、Jリーグ・浦和レッズのサポーターがスタジアムの客席出入り口に「JAPANESE ONLY」という差別的な横断幕を掲げて問題になった。4月には四国遍路道の複数の休憩所に「大切な遍路道を朝鮮人から守りましょう」という誹謗中傷ビラが貼られた。東京のコリアンタウン・新大久保では、街の至る所で「チョン失せろ」「チョンは害虫以下だ」といった落書きが見つかっている。

 近ごろ外国人、特に在日コリアンに対する異常なまでの排斥ムードが高まっている。ジャーナリスト・安田浩一氏が語る。

「日韓、日朝関係の冷え込みが長引く中、両国に対する憎悪を在日コリアンにぶつける風潮が強まってきました。『在日特権を許さない市民の会(在特会)』を中心とする自称・保守団体の動きも相変わらず活発で、彼らがネットで発信する情報に影響される人も多い。日本社会がレイシズムを許容しやすい環境になりつつある気がします」

 新大久保などで在日コリアン排斥デモを繰り返した在特会が世間の耳目を集めるようになったのは、北朝鮮が2度目の核実験を強行した2009年。京都市南区にあった京都朝鮮第一初級学校(幼稚園と小学校に相当。2012年3月末で休校し、京都朝鮮学校に統一)への抗議街宣だった。

 関西の在特会メンバーを中心とする一行の主張は、「学校前にある公園の私物化をやめろ。朝礼台やサッカーゴール等の備品を直ちに撤去せよ」というものだった。前出・安田氏が経緯を説明する。

「自前のグラウンドを持たない朝鮮学校は、市や自治会との合意の下、半世紀に亘って公園を校庭代わりに使ってきました。古くからの慣習で、市の公園管理事務所も問題視していなかったのですが、この地区に越してきた新住民たちの一部から『朝鮮学校が公園を私物化するのはおかしい』との声が上がり始めたのです。その中の1人がネットで知った在特会に“通報”し、事件が起こりました」

 周辺を取材すると、朝鮮学校の評判が芳しくないことも確かに事実だった。

「当初『公園の使用は平日の午前中だけ』という約束だったのに、いつの間にか朝礼台やサッカーゴールを持ち込んで朝から夕方まで使うようになったんですよ。土日もサッカーのクラブ活動で占領しているし、小さな子やお年寄りは公園に近づけなかったですね」(70代女性)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング