大ヒット『アナ雪』の秘密 ヘビロテ歌詞、日本語訳秘話など

NEWSポストセブン / 2014年5月12日 16時0分

 観客動員数1000万人を超え、歴史的なヒットを記録している映画『アナと雪の女王』。リピーターも続出している本作には、何度見ても楽しめるしかけが隠されていた。

【ヘビロテ台詞】
 劇中でアナやエルサ、オラフ、クリストフなど、さまざまな登場人物が何度も口にする台詞に気づいたかたはかなりのツウ。それは「Wait,what?」(待って、何ですって?)。これは、アナ役を演じた女優クリステン・ベルの実生活での口癖で、収録時に追加されたそう。全部で何回出てくるか、数えてみて!

【エルサとアナの父の秘密】
 アレンデール国王にして、エルサとアナの父親は、ある実在の人物と、そっくり。それは、ウォルト・ディズニーさん本人。髪形、目元、ヒゲ、彼の姿を目に焼きつけてから『アナ雪』を見ると、アッと驚くこと間違いなし!

【『Let It Go』日本語訳秘話】
 日本語版劇中歌『Let It Go~ありのままで~』のなかで、「ありの~ままの~」と歌っている部分は、英語では「Let It Go~Let It Go~」。このシーンは口元がアップになるので、英語版と同じ音数、同じ口の動きにしないと違和感が出る。つまり6音で、3つ目と6つ目の音の母音は「お」に限定される。この制約のなか生まれた訳が「ありのままの」だった。

【スヴェンの生みの親は?】
 劇中でクリストフを乗せて疾走するトナカイのスヴェン。制作スタッフによれば、最初は本物のトナカイを用意して、その動き方を分析しようとしたのだが、衆人監視という環境に緊張したのか、立ったまま動こうとしなかった。そのため後日、エグゼクティブプロデューサーのジョン・ラセターさんの愛犬の動きを参考に、スヴェンは作られたという。

※女性セブン2014年5月22日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング