1日2回病院訪れる85才患者に医師が「充分長生きしただろ」

NEWSポストセブン / 2014年5月19日 16時0分

 53才パート女性が近所の病院の医師が話したひと言に凍りついたという。その出来事について話してくれた。

 * * *
 近所の内科医院は毎日通ってくる老人で大繁盛。うちの子が風邪で受診するときなど、かなり待たされます。

 先生もそんな状況が痛しかゆしなのでしょうか。私が発熱で午後の診察時間に受診していたときです。次の年配の患者さんが診察室の側で待っていると「なんだ、ばあさん。また来たのか! 午前中も来たじゃないか」と。

「だって、先生、痛いんだよ」

「少しは我慢しなきゃだめだ。年はいくつになった」

「…85」

「充分長生きしたから、もういいんじゃないのか~」

 毒蝮三太夫ばりのやり取りに、背すじが凍りましたよ。

※女性セブン2014年5月29日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング