首都圏地震的中の東大名誉教授 岐阜、函館、青森に警戒必要

NEWSポストセブン / 2014年5月20日 7時0分

 5月に起きた2度の地震を的中させた人物がいる。東京大学名誉教授の村井俊治氏だ。村井氏は民間会社JESEA(地震科学探査機構)の顧問として活動している。村井氏は、同社が配信するメールマガジン「週刊MEGA地震予測」において、首都圏で地震が発生する可能性について言及していた。

 測量学の権威として知られる村井氏が予測に使用しているのは、国土地理院がGPSデータを測定するために全国約1300か所に設置している「電子基準点」のデータだ。村井氏はこの基準点から送信される位置情報から「地殻の微少な変動」を分析。過去の地震前に起きていた変動パターンと比較し、地震前の「前兆現象」を捉えた場合には、警鐘を鳴らす。村井氏はこの手法で、昨年2月のメルマガ開始以降、次々と地震予測を的中させているのだ。

 昨年4月11日号のメルマガでは、和歌山県での地震の可能性を指摘したところ、2日後に対岸にある淡路島で震度6弱の地震が発生。その直後の4月17日に三宅島で発生した震度5強の地震も、3週間前のメルマガで60キロ離れた伊豆大島の地震を予測していた。

 本誌前号記事では、岐阜の高山の基準点を中心に、長野の生坂、山梨の中道など周辺の地点でも大きな沈降が確認されたため注意すべきと語っていた。最新の予測でも、引き続き警戒が必要という。

「2月に7センチにも及ぶ地表の上下動が観測されていた高山を中心に、ゴールデンウィーク頃から地震が増えている岐阜県周辺は引き続き注意が必要です。地表の上下動の大きさから見ると、これから6月くらいまでの間に震度4から5クラスの地震が来る可能性は十分あると思います」

 村井氏の分析によれば、ほかにも注意すべき箇所はあるという。

「現時点で注意が必要なのは、北海道の函館の周辺です。今、全国的に基準点の短期の動きはほとんど目立たないのですが、今週届いた記録では函館にだけ動きが確認されました。函館はこれまで見ていて、かなり特殊な基準点で、少し離れたところで地震が起きる際にも前兆現象が確認されることが多い。

 たとえば、2003年に起きたマグニチュード8.0の十勝沖地震の際にも函館の基準点は動いていた。浦河沖で小地震も観測されているので、函館だけではなく道南の広い地域で警戒が必要です」

 さらに、北海道だけではなく、津軽海峡を隔てた青森でも注意が必要だと村井氏は語る。

「東日本大震災も含めた4年間の隆起沈降の記録を分析したところ、東北6県のうち、青森の基準点だけはほかと異なる動きをしていて、北海道と連動していたんです。距離的にも函館に近い青森は、注意をしていたほうがよいでしょう」

 編集部には「村井氏の最新地震予測はどうやったら入手できるのか」「メルマガの加入方法を詳しく教えてくれ」との声が多数寄せられた。「週刊MEGA地震予測」の購読者は、本誌前号発売後の3日間だけで1割増加したという。

※週刊ポスト2014年5月30日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング