後藤理沙 清純派女優から脱皮しR指定映画で超過激艶技披露

NEWSポストセブン / 2014年5月20日 16時0分

 16歳の時に出演したCM、ポカリスエットのはじける笑顔が懐かしい女優・後藤理沙(30)が、最新映画で濃厚な濡れ場に挑戦している。映画は内田春菊原作の『最近、蝶々は…』。R指定だけあって、その内容は“超”のつくほど過激。

 後藤が演じるのは色情狂の三十路OL。内ももに謎の蝶のアザが浮かびあがるというOLが、様々な男たちを誘惑していくサスペンス仕立ての映画だ。

 清純派女優から脱皮し、2年前にはヘアヌード写真集で話題をさらった後藤。妖しい三十路の変貌ぶりは週刊ポストR指定映画祭の主演女優賞に決まりだ。

◆映画『最近、蝶々は…』は東京・渋谷のヒューマントラスト渋谷で5月23日まで公開。他地区でも上映検討中。

※週刊ポスト2014年5月30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング