薄毛父持つ毛髪フサフサ息子 DNA鑑定希望に母が絶対禁止命令

NEWSポストセブン / 2014年6月8日 16時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、広告代理店勤務のご主人(45歳)。奥様(48歳)との間には大学生と高校生の息子さんがいます。

 * * *
 40歳を過ぎてから年々、髪の毛が薄くなってきました。心配で、シャンプーは毛が抜けないようにゆっくり丁寧にしますし、タオルで乾かす時も優しく拭くようになりました。今年のゴールデンウィークは北海道に旅行。目的地は増毛(ましけ)町の増毛厳島神社です。「カミさんが一緒なら、髪へのご利益も倍増するでしょ」と女房も同行しました。よくできた女房です。

 ところが最近、ちょっと不信感が……。長男は僕に似ていて「ヤバイ! 遺伝的には僕、将来はお父さんみたいにハゲちゃうかも」。心配して、それまでかけていたパーマもやめて必死に毛髪ケアです。

 一方、次男の方は「僕はママ似だし、ママの家系は皆、髪の毛フサフサだから大丈夫!」といってたのですが、ワイドショーで芸能人の父と息子のDNA鑑定が話題になると、髪の毛ではなく僕との父子関係が心配になったようです。

「僕はお父さんの子供じゃないかも。全然、似てないもん」。僕が冗談半分で「なんなら、DNA鑑定やってもいいぞ」というと、「何、いってんのよ、今さら! 絶対に鑑定なんかさせませんからね」。女房が激怒です。でも、なんでそんなに怒るんだ? ひょっとして何かやましいことでも……そう考え始めたら、ますます髪が抜けてしまう僕です。

※週刊ポスト2014年6月13日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング