1年間通常米をとぎ続けると無洗米よりも水道代が397円無駄に

NEWSポストセブン / 2014年6月16日 16時0分

 普段食べているお米。お米には通常米と無洗米があるが、実はどっちがお得なのだろうか?

 お米をとぐときの水の量が比較のカギに。全国無洗米協会が実施した調査では、3カップのお米をとぐのに平均で4540mlの水を使用。1年間では165万7100mlにもなり、2Lのペットボトルに換算すると828本強に相当する。

「これは、東京都の水道代(下水道代含む)に換算すると、397円の無駄になります」(節約アドバイザー・丸山晴美さん)

 一方、無洗米は、とぐための水は必要なし。また、同協会によると、通常米はお米をとぐとき、5kgにつき150g相当分のぬかを流してしまっているとも。無洗米のほうが割安だ。

※女性セブン2014年6月26日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング