美輪明宏が「ホンモノよ!」とべた褒めの『花子とアン』俳優

NEWSポストセブン / 2014年7月1日 7時0分

 高視聴率が続くNHK朝ドラ『花子とアン』。そのナレーションを務めるのが美輪明宏だが、ドラマでは、美輪のお気に入りの役者がキャスティングされている。

 それは蓮子が夫・伝助との満たされない結婚生活に嫌気が差し、文化サロンを開くようになった際に、彼女に近づく新聞記者・黒沢一史役を演じる木村彰吾(34才)だ。

「蓮子さんが伝助さんのことで苦悩しているシーンには、必ずといっていいほど、登場する人物なんですけど、あまり見たことがない役者さんで…。すごく気になっていました」

『花子とアン』を毎朝、欠かさず見ているというファンがこう語るほど、目が離せない存在なのだ。

 実は、木村は、これまで本誌が美輪との親密ぶりを報じてきたお相手だ。

 2001年の舞台『毛皮のマリー』での共演をきっかけに出会ったふたり。その2年後には、仲間由紀恵(34才)が演じる蓮子にホレる年下男・宮本を演じる中島歩(25才)と同様、舞台『黒蜥蜴』(くろとかげ)で自分の愛人役に選ぶ。これは高嶋政宏(48才)と並ぶ準主役級で、デビュー間もない彼の抜擢は異例のことだった。

 以来、木村は『椿姫』や『双頭の鷲』など数々の作品で、美輪の恋人役を演じてきた。

 身長180cmの正統派二枚目の木村を美輪は「裕ちゃん(石原裕次郎)より脚が5センチ長いのね」と語り、CMで共演した際には「この子、ホンモノよ!」とべた褒め。

 さらに2007年2月、美輪が江原啓之とともに司会を務めていた『オーラの泉』(テレビ朝日系)に木村がゲストとして出演した際には、江原は「美輪と木村は前世で夫婦だった」と明かしたことも。

 このころ、本誌は木村が、かつて美輪が乗っていたワインレッドのジャガーを乗り回している姿をキャッチしている。

「新車で購入すると1000万円以上する車ですからね。当時、まだ駆け出しの木村さんが自ら購入するのは難しい。車を譲り受けるほど、彼は美輪さんのお気に入りなんです」(美輪の知人)

 美輪のサポートは私生活だけでなく、仕事にまで及ぶ。

「2005年11月、北野武監督(67才)作品『TAKESHIS’』で、ふたりは共演していますが、これは美輪さんが北野監督に推薦状を書いて実現したそうです。今回の朝ドラでの“共演”も美輪さんが木村さんの出演を後押ししたといわれています。出番が多いのも、スタッフが美輪さんに気を使っているからなんて声も聞こえてくるほど」(NHK関係者)

※女性セブン2014年7月10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング