哀川翔 諸星和己と暴走族に囲まれるも騒ぎを収めた逸話を語る

NEWSポストセブン / 2014年6月30日 11時0分

写真

Vシネマデビューの当時を振り返る哀川翔

 1989年にVシネマが誕生してから今年で25年。Vシネマといえば、誰もが思い出すのが、この男の名前だろう。哀川翔が駆け抜けたのは、アウトローたちが画面の中で躍動していた最後の時代だった。無茶な撮影現場からしか、無茶な作品は生まれない──Vシネ全盛期の真実に、プロインタビュアー・吉田豪氏が、斬り込む。

──Vシネマの歴史がスタートしたときから哀川さんは一緒に歩んできたわけですよね。

哀川:すごかったよね、東映のVシネマのスタートのラインナップとか。みんなメジャーどころの人が並んで。俺はそのラインナップにとりあえず載ったんだよね。だから、おまえ何だみたいな目で見られたね、最初は。

──役者の実績で選ばれてないですからね。

哀川:そうそう。高橋伴明さん(※注)が主役を選ぶときに「今、六本木で一番元気なのはだれだ」って聞いて回って、「哀川翔だろう」っていう話になって(笑)。

【※注】映画監督。『TATTOO〈刺青〉あり』(1982年)でヨコハマ映画祭監督賞を受賞。1990年に東映Vシネマ『ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』を監督した際に、主演に哀川を抜擢した。

── 一番飲んでた頃ですもんね。

哀川:毎日飲んでたから(笑)。そしたら「高橋伴明さんが話があるらしい」って言われて。怖かったのよ、伴明さんって。サングラスをかけてて、俺らから見ると大人で、それが暴れるんだから、超怖かったよ。普通は暴れないでしょう?

──哀川さんも暴れてるイメージですよ!

哀川:いや、もう当時は暴れてなかった。

──六本木で暴れた噂は聞いてますけどね。

哀川:うそ? ほんと? そんなにないよ。

──光GENJIの諸星(和己)さんとかと一緒にいたとき暴走族に囲まれて、諸星さんに「おまえは有名人だから車の中にいろ」って言い残して立ち向かった話とか。哀川さんも有名人なんですけど(笑)。

哀川:いや、俺の場合はまだ大丈夫だったから(笑)。諸星が出てきたら騒ぎになっちゃうからね。そのときバイク50台ぐらいいたんだけど、「もう帰ったほうがいいよ、君たちは」って言ったら、ピシッとおさまったよ。

──そこに出て行くのも勇気が要りますよ。

哀川:いやいや、全然平気だった。だって、みんな俺らより若いし、年下に負けるわけがないんだから(笑)。俺の同級生でむちゃくちゃ強いのがいたんだけど、そいつは兄貴には絶対勝てなかったもん。やっぱり年上は強いんだよ。だから暴走族に送ってもらったことがあるよ、新宿から。知らない暴走族を朝方に止めて、ちょっと家まで送ってよって(笑)。一世風靡セピアの頃は、次の店に行くのが面倒くさいから暴走族を止めて、ちょっとあそこの店まで送ってってやってた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング