「金持ちはイジメられる」発言はボンボン育ちの麻生氏の実感

NEWSポストセブン / 2014年6月30日 7時0分

 内閣改造を控えて自民党内がソワソワしているこの時期、大臣の相次ぐ失言が入閣待望組をひそかに喜ばせている。「これで大臣枠が空いた」(中堅議員)と見られているのが石原伸晃・環境相だ。
 
 原発汚染土の処理施設建設をめぐる「金目」発言で謝罪に追い込まれ、「問責決議案は否決されたが、改造で更迭されるのは確実だろう」(同前)ともっぱらだ。
 
 一方で官邸を悩ませているのが麻生太郎・副総理の“金持ちはイジメられる”発言。政権の大黒柱で留任が有力視されているだけに、菅義偉・官房長官も「麻生さんにイジメを許容する意図は全くなかった」と火消しに懸命になっている。
 
 問題の発言は、イジメを引き合いにして集団的自衛権の必要性を説いたもの。講演の録画から再現すると、
 
「学校で一番デカい面してたのは、どんなヤツかはっきりしてるだろ。世界中同じ。ケンカの強いヤツよ。じゃあ逆に、イジメられるのはどんなヤツかといえばね、ケンカは弱い、勉強はできない、おまけに金が無いとなったら、これは無視だ。だけど勉強ができない、ケンカも弱い、金持ちの倅、これが一番やられる」
 
 というものだが、実はこの先の言葉にボンボンとして育った麻生氏の実感がこもっている。
 
「わかる? 豪華な弁当持っていけば食われ、カッコいいシャープペンシル持っていけばカツアゲされ……みんなやったかやられたか、(経験が)あるだろう?」
 
 麻生グループのお坊ちゃんが、同級生の弁当を横取りしたとは思えない。「あるだろう?」は“やられた側”の経験から出た言葉だったはずだ。
 
 さらに国際社会でも、「ケンカ(軍事力)が弱い」「勉強(文化水準)できない」「金(経済力)がある」という3要素は同じで、日本は「だからイジメられるのよ」とも語っている。少年時代の“悲しい体験”を国家の安全保障に飛躍させる論理は、いかにもこの人らしい発想の貧しさだ。

※週刊ポスト2014年7月11日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング