強力な台風「今年あと3回は来ると覚悟したい」と森田正光氏

NEWSポストセブン / 2014年7月18日 7時0分

 7月4日に発生した台風8号は3日後には宮古島の南東で910ヘクトパスカルまで勢力を増し、最大瞬間風速は70m(秒速)を超えた。気象庁によれば、「これは走行中の2tトラックが簡単に横転するほどの威力」だといい、沖縄では60万人に避難勧告が出され、10万戸が停電。7月としては「史上最強」ともいわれた。

 その後も日本列島に沿うように北上し、各地で数百mlの激しい雨を降らせた。鉄道や航空便に運休が相次ぎ、各地を大混乱に陥れた。

 台風の発生、発達のメカニズムは複雑で完全に解明されていない部分も多いが、「海面水温上昇」「太平洋高気圧の張り出しの弱さ」「偏西風の蛇行」という要素が重なる今年は、台風リスクがかつてなく高いと考えられる。

 気象庁の海面水温予想図によれば、日本の南方の海面水温は現段階で予想が発表されている7月末まで例年より高い状態が続く。「殺人台風」が日本列島を襲う可能性が高いことを意味する。気象予報士の森田正光氏が警鐘を鳴らす。

「日本列島では平均して年に3回程度台風が上陸するとの統計データがあります。今回はこれだけ早い時期に上陸したので最低あと3回は来ると考えて備えが必要です。

 南方の海面水温が高い状態で維持されている以上、規模も今回の8号並みになると考える必要がある。夏に向けて海面水温が上がるので、より強力な台風が発生する可能性も十分ある」

 2007年には7月に上陸した台風4号の後、3つの台風(5号、9号、15号)で死者や負傷者が出た。今夏も同様にあと3回は巨大台風に襲われるリスクを覚悟しなければならないというのだ。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング