自動車事故から一年半の千野志麻 夫が「放射線治療」の試練

NEWSポストセブン / 2014年7月17日 7時0分

 大型台風も過ぎ去った7月中旬の平日の朝10時過ぎ。都心の一等地に建ち、30近い診療科目を持つ総合大学病院に、ひとりの男性が通院してきた。受付を済ませ、険しい表情で「放射線治療科」の中へと消えて行った彼は、元フジテレビアナウンサーのチノパンこと千野志麻(36才)の夫・Aさん(46才)だった…。

 千野といえば、昨年1月2日、静岡県沼津市内のホテルの駐車場で、38才の男性を車でひいて死亡させてしまうという事故を起こした。書類送検された千野が罰金100万円を支払うことで事件は決着したものの、しばらくは事故のショックからふさぎ込み、外出もままならない状態だったという。

「実家の母親が東京まで来て、つきっきりで家事や育児を手伝っていました。とても仕事どころではなく、千野さんは個人事務所を畳み、一切の芸能活動を休止したんです」(芸能関係者)

 そして、またしても千野を“試練”が襲う。それが、Aさんの“重篤な病気の発覚”だった。Aさんは、福田赳夫元総理の孫という生粋の御曹司で、現在は、有名外資系企業に勤める年収5000万円といわれるエリート社員。千野と結婚後は、2男1女をもうけ、件の事故後も落ち込む千野を献身的に支えてきた人物だ。そんな理想的な夫に体調の異変が起きたのは、今年春先のことだった。

「体調不良を訴えていたAさんを千野さんも心配して、“大きな病院で早めに検査してもらおう”ということになったそうです」(Aさんの知人)

 そして5月中旬、Aさんは冒頭の病院に検査入院する。

「診察の結果、Aさんは深刻な病気を患っていることが判明しました。ほぼ毎日の通院治療を要する大変な病気のようです。突然、夫の病気を突きつけられた千野さんはショックのあまり呆然となったそうです」(前出・Aさんの知人)

 同病院のHPにある放射線治療科の説明には、こう記されている。

《放射線治療科は、主にがん(悪性腫瘍)に対する放射線治療を専門に行う部門です。放射線治療は、手術・抗がん剤に並ぶがん治療の柱の一つです。他の臨床各科との連携のもとに各種の悪性腫瘍の放射線による治療を行っています》

 Aさんは治療を終えると、その後、驚くべき行動を見せる。その足で会社に出社したのだった。

「“しばらく休んだ方がいいんじゃないか”と心配する声が社内からは上がったそうですが、彼は一切、弱音を吐かず、これまでと同じように、ハードな仕事を続けています」(前出・Aさんの知人)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング