NHKアナウンス室 誰にも媚びない「2人の奈穂子」で盤石か

NEWSポストセブン / 2014年8月14日 16時0分

 ドラマ、ニュース、情報番組。テレビの影響力はやはり大きい。画面の向こうは人気商売、しかし視聴者は敏感に感じとるものだ。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 松下奈緒が佐藤隆太と夫婦役で共演し、話題の土曜ドラマ「芙蓉の人 ~富士山頂の妻」(NHK総合午後9時)。富士山頂の気象観測をなし遂げた実在の夫婦の物語です。

 ドラマは妻・千代子が中心軸となって回っていきます。「一人にしておいたら死んでしまう」と、夫の後を追って富士山頂へと向かう妻。力強く夫をサポートする千代子役に、松下奈緒がぴったりとはまっている。

 彼女はそもそも朝ドラ「ゲゲゲの女房」で大ブレイク。東京音楽大卒、クラシックピアノの名手でCDも出している異色のお嬢様系。この夏、身長174cmというあのダイナミックな容姿を目にする機会が多い。ドラマの番宣もあってか、「鶴瓶の家族に乾杯」にもゲスト出演した松下さん。「家族に乾杯」を見ていると結構、積極的。お嬢様系のお澄ましかと思ったら、いやいや。

 相手が躊躇しても、ひるんでも、ズバッと聞く。ちょっと押しが強い面もかいま見え、ますますドラマの役柄にぴったり。関西出身ノリの積極性か、自然でイヤみがない。そのあたり、独特の魅力なのかもしれません。

 いや、松下さんだけではないのです。NHKでは、今「なお」という響きが、キラリと光っています。注目の「なお」が他にもいます。一人目は、橋本奈穂子アナウンサー。4月から「首都圏ネットワーク」を担当し、地域のニュース等を淡々と、彼女らしく柔らかに読み上げています。

 そもそも彼女が注目を集めたのは、深夜のライブニュース「NEWS WEB」。当意即妙のやりとり力は、鮮やか。ツイッターから届く視聴者の声を即座に番組に反映させていく。ゲストとの対話に引き入れる。生放送の尺の中に全体をぴたっと落としていく。小気味良い采配ぶりでした。

 落ち着き。視野の広さ。真面目さ。遊び心とのバランス。肩肘張るわけでもなく、しかし、ふざけすぎるわけでもなく。誰にも媚びず、楽しそうに仕事をする。東京都議会でセクハラヤジがあった際は、ニュースを伝える表情に強い意志が滲んでいました。「この問題を曖昧にするつもりはない。私は怒っている」。静かなる意志が、表情からはっきりと伝わってきて、ますますファンになってしまいました。

 ああやっと、こういう女性が出てきたんだ。自然体で番組を回していく、たくましくて愛らしい牽引役が活躍する時代が、来たんだ。ぜひ、これからNHKを回していく看板キャスターに育っていってほしい。女が期待する、女性キャスターです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング