NHK名物アナ小野塚康之氏 「甲子園実況28年」の極意を語る

NEWSポストセブン / 2014年8月10日 16時0分

小野塚:鳥取で地方大会に参加する県下の高校を全て取材で回りました。20校ぐらいしかなかったのでできたことなんですが、田園のなかで練習している学校もあれば、山間にグラウンドがある学校もありました。僕は東京育ちなので、そういう環境の中でプレーをしている選手たちを見るのが新鮮でね。また高野連の組織についても勉強して、プレーヤーから伝える側になる意味で財産になりましたよ。

--甲子園での最初の実況担当はいつですか。
小野塚:1986年の選抜で拓殖大学紅陵対洲本です。

--甲子園の実況担当はどういう経緯で選ばれるんですか。
小野塚:各地域の放送局の希望者の中から毎大会何人かが甲子園で実況デビューすることになります。私の記憶では1年で多くて5人ぐらいかな。

--するとやはり最初にマイクを握ったときは感激しました?
小野塚:うーん、いや、自分は絶対に選ばれるだろうという確信はあったので。アナウンサーの技術で巧い人は他にいっぱいいたと思うんですが、野球に関する知識は負けていないと思っていました。僕は野球でずっと生きていくつもりで、それしか生きる術がないと思っていましたから、初めて実況担当になったときも、やっとこの世界の入り口に立てたという感じですね。

--決勝戦担当はやはりできる人が担当?

小野塚:そうですね、大会全体をふり返る必要があるので、くじ引きで決めるようなわけにはいきませんね(笑)。決勝戦を1回担当するチャンスはあっても、3回以上担当できる人は少ないかもしれない。

--小野塚さんは何回担当されているんですか。
小野塚:はっきりと数えていないんですか、5回以上は担当していると思います。

--やはり凄いですね。そのなかで特に印象に残っている選手はいますか。
小野塚:よくそういう質問されるんですが、記憶は毎年更新されていくので、結局、最近の選手がいちばん印象深いんですよ。今なら昨夏優勝した前橋育英の高橋光成投手。1点取られてもも2点目を許さない、3アウト目をきちっととるなど、彼の責任感溢れるピッチングに感動しました。

小野塚康之(おのづか・やすゆき)プロフィール
1957年生まれ、学習院大卒。1980年NHK入局。一貫してスポーツ、とくに野球中継にこだわり、野球実況歴34年という大ベテラン。現在所属する神戸放送局のHPで熱い高校野球コラム「甲子園ではハイテンション」を連載中。今夏の甲子園での実況担当は、テレビが7日目第1試合、10日目第4試合、ラジオが12日目第4試合を予定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング