杉浦幸 大事な人を守りたいという気持ちがヤンキーの魅力

NEWSポストセブン / 2014年8月14日 11時0分

“草食系男子”という言葉が席巻している昨今、『ホットロード』が映画で復活したり、「マイルドヤンキー」を紹介する書籍が売れるなど、熱く生きるヤンキーが密かなブームとなっている。そんなヤンキーの魅力をしみじみと感じているのが女優の杉浦幸(45才)。竹の子族やなめ猫ブームを経て「ヤンキー」という言葉が定着した1985年に、ドラマ『ヤヌスの鏡』(フジテレビ系)で不良役を熱演した杉浦。実際の学生生活もかなり“元気”な生徒だった、と笑う。

「中学時代は聖子ちゃんカットをして、学生カバンは持たず、当時流行っていた巾着袋にお弁当だけを入れて学校に通っていました。巾着にはフエルトで“MIYUKI”と貼り付けて、裏側には当時の彼氏のイニシャル(笑い)」(杉浦、以下同)

 聖子ちゃんヘアにはコテが必需品。休み時間に学校の電源を使い、友人と交代で髪をセットした。

「当時の先生は厳しかったので、コテで巻いているところを目撃されると頭から水をかけるんです。そんな毎日が嫌になってパーマをかけたら、今度は“パーマか!?”と、また水の入ったバケツを持ってくる(笑い)」

 しかし、デビューを境に生活は一変した。

「それまでスーパー自由に生きていたんですけど、デビュー後は分刻みで決まりごとだらけの毎日。日々の仕事をこなすのに精一杯だった私を支えてくれたのが母親でした。18才になってやっと、母親の偉大さに気がついたんですよ。そこから人として普通にモノが考えられるようになった気がします(笑い)」

 とはいえ、彼女はヤンキー魂は失っていない。それはヤンキーが持つ情熱に今もなお惹かれているからだ。

「ヤンキーは男も女も大事な人を守りたいという思いが強い。だから友達が泣いていれば、夜中でも駆けつけます。“不良”と言われたコたちって、大切な人のためなら、どこにでも捨て身でいく覚悟や熱さがありました。

 今“草食系男子”という言葉がありますけど“ま、いっか”が早いんですよね。何事にも淡泊で、悪くいえば、意気地がない。

 女もそうだけど、男はそれじゃいけないんです。周りに流されずに、大事な人ならなんとしてでも守り抜く。そんな男の背中がいいじゃないですか!」

※女性セブン2014年8月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング