香港で108億円の史上最高額不動産売り出し 1平米5000万円

NEWSポストセブン / 2014年8月24日 7時0分

 香港で8億1910万香港ドル(約108億1200万円)もの超高級不動産物件が売りに出された。これは、香港では史上最高値となる。さらに、1平方メートル当たりの価格が約5000万円と、単位面積当たりの価格としても世界最高値だ。香港には近年、中国大陸からの資本が急速に流入しており、今回の物件の購入者も中国絡みかどうか関心が高まっている。

 この物件は香港の不動産最大手、新鴻基地産(サンフンカイ・プロパティーズ)が売り出したもので、香港の最高級住宅街であるビクトリア・ピーク周辺の一等地に位置する「ハウスNo.1」。

 同社の「Twelve Peaks」開発プロジェクトの一つで、ビクトリア・ピーク周辺に12の高級住宅を建設し売り出すというものだ。このなかでも、ハウスNo.1は最高級物件だ。広さ433平方メートルで、4ベッドルーム、プール、庭園、屋根裏テラス、2台分の駐車スペースが備わっている。

 これまでの香港での最高額物件は同じくビクトリア・ピーク周辺の普楽道(ポロックス・パス)10番地にある2011年に売り出されたもので、当時の値段は8億香港ドルで、今のレートでは108億1200万円。広さは556平方メートルとハウスNo.1よりも広いので、1平方メートル当たりの値段は1900万円とハウスNo.1のほぼ5分の2と割安だ。

 いま香港中が、だれがこの最高級物件を購入するかに注目している。最近は膨大な額の中国マネーが香港に流れ込んでおり、香港中心部の不動産物件は軒並み大幅に値上がりしており、1年前の2倍や3倍になっているのはざらだ。

 香港政府は「このような高級物件が売り出されたことで、香港全体の不動産価格を押し上げる原因になるのではないか」と警戒感を強めており、今後の不動産価格の推移に神経を尖らせているという。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング