理研・笹井氏の遺書 何らかの意図で内容選別された可能性も

NEWSポストセブン / 2014年8月19日 7時0分

 理化学研究所(理研)発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長(享年52)が8月5日に突然自殺してから、約2週間が経過した。笹井氏の死には、いまだ不可解な点が残されている。

 何より気にかかるのは、「なぜ小保方晴子氏(31)宛ての遺書ばかりがマスコミに盛んにリークされたか」という点だ。

 笹井氏の遺書はこれまで計6通が確認されている。自殺現場の理研内で発見された4通(うち1通が小保方氏宛て)と、8月12日に存在が明らかになった自宅で見つかった妻と実兄宛ての2通である。

 このうち内容が事細かく明らかになったのは小保方氏宛てのものだけだ。しかも、笹井氏の死の当日には、小保方氏本人の手に渡る前にもかかわらず、その内容が報じられていた。

「先立つのは、私の弱さと甘さのせいです。あなたのせいではありません」
「絶対STAP細胞を再現してください」
「それが済んだら新しい人生を一歩ずつ歩み直してください」

 こうした文面は、話題を集めるに十分なインパクトがあったが、どこから漏れたのか。

 遺書は発見後に理研から兵庫県警に渡っていたとされ、捜査関係者から情報が流れたと考えるのが自然だが、一部報道では「理研関係者」の話として遺書の内容が語られているものもある。

「マスコミが飛びつく内容だけに捜査関係者が“お付き合い”で記者に流したと見られているが、不思議なことに漏れた内容が小保方氏に関する部分ばかりで、理研に批判的な部分や、STAP細胞の存在について言及した部分がない。何らかの意図があって、リーク内容が“選別”された可能性は否定できない」(別の県警関係者)

※週刊ポスト2014年8月29日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング