NYでヨーグルトが公式おやつ認定 野菜合わせたりサンドにも

NEWSポストセブン / 2014年8月29日 16時0分

写真

NYのスーパーでは、日本以上にバラエティ豊富なヨーグルトが並ぶ

 ニューヨーク州の議会で、今年6月にある法案が可決された。あとは州知事が署名して施行するばかりになっているその法律とは「ヨーグルトを州のオフィシャルスナックに制定する」というもの。ずいぶん変わった決まりを作ったと思うかもしれないが、ニューヨークはこれまでにもユニークな法律を数多く作ってきた。

・面白半分で誰かの頭を目がけてボールを投げてはいけない
・エレベーターに乗る際には手を組み無言でドアの方に向かって立つ
・日曜日にアイスクリームのコーンをポケットに入れて歩くのは禁止
・ジャケットとパンツが上下揃わない男性の外出禁止
「あくまで、ごく一部」と言いつつ、個性的な例を挙げてくれたのは、ニューヨーク在住16年の40代女性・Yさん。

「ほかにもニューヨーク市では、『景観を守るため外に洗濯物を干すのに自治体から許可を取得しなければいけない』というものもあります。日常的な家事を届け出制にする法律は、日本人の常識からすると驚きですよね。これらユニークな州法を改めて見ると、何となく制定された理由がわかるようなものから、意味不明なもの、現実にはどの程度守られているのか不明なものもあります。

 ヨーグルト製造は州の地域産業でもありますし、公式スナック制定は地域振興の意味もあるのでしょう。とにかく、これをきっかけに色々な種類のヨーグルトが、リーズナブルな値段で買えるようになるのは、いいことだと思います」(Yさん)

 日本人にとって違和感があるのは、法律が制定されたことだけでなくヨーグルトを「スナック」としていることだろう。日本で「スナック」というと「スナック菓子」を思い浮かべがちだが、ニューヨーク州での法案審議の議事録をみると、1日3食の合間、食事の間に食べるものは何でもスナックになるので、ヨーグルトもスナックだと定義されている。「スナック」とは、食事から独立した「おやつ」として認識されているのだ。

「スナックの定義にヨーグルトがふさわしいと考えられたのは、気軽な軽食やおやつにぴったりな甘いものとして売られていることが多いからでしょう。すでにフルーツ味がついていたり、底にフルーツソースが入っていたり、別添えのシリアルやチョコレートキャンディが付属しているので、ヨーグルトといえば甘いものが一般的でした」(Yさん)

 ところが、約2年前に始まったギリシャ風ヨーグルトのブームをきっかけに、ニューヨークでも甘くないヨーグルトが拡大傾向にあるようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング