種子島で宝くじ6億円当せん者を捜索 その結果やいかに?

NEWSポストセブン / 2014年8月31日 16時0分

 人口約3万人の鹿児島県種子島から飛び出した、“6億円”というジャンボな当せん。瞬く間に島中に知れわたり、島民は「誰が当たったの?」と噂話で持ちきりに。そんな情報を基に捜索開始。果たしてその成果はいかに――。

 羽田空港から、鹿児島空港を経由して約4時間、種子島空港に到着。九州の南に位置する種子島は、西之表市、中種子町、南種子町の3市町からなる人口3万人ほどの島だ。

 宝くじを販売した『七福種子島店』は、空港から車で15分ほど。中種子町の中央に位置するスーパー『Aコープ』の駐車場にあった。

 まずは売り場のチェックを、と訪れてみてびっくり! 窓口には、これまでの当せん実績がびっしりと貼り出されていた。

●2008年5月『ロト6』806万円

●2009年12月『年末ジャンボ』1億円

●2012年9月『ロト6』2100万円

●2014年2月『ロト6』865万円

 早速、販売員に話を聞く。

「この店から当たりが出たんはホントよ~。今じゃ、島のみんながこの話題で盛り上がっとるよ。

 2年前に、黄色が金運に効くって風水の話を聞いて、店全体を黄色く塗り替えたんよ。そしたら、それまで以上に当たりが出るようになってね。

 今回、当たりくじはバラで売られたやつなんよ。1等4億円と、その前後賞1億円が2口。だから、もしかしたら3人当たっとるかもしれんね」

 なんと、億万長者が複数誕生した可能性!! 6万人収容の国立競技場の半分しかいない島で、3人もいるなら、なんとかなりそーじゃん! しかもここまで噂が出回っているから意外とあっさり見つかるかも!と期待に胸を膨らませて聞き込みを続けるも、返ってくるのは「宝くじが当たったのは知っとるけど、誰が当たったかは知らんなあ」という声ばかり。

 当せん者探しが困難を極める中で聞き込みを続けていくと、島には宝くじやロト、スクラッチで当たったことのある人が多いことに驚く。

 もしかしたら、島の神社やパワースポットにヒントがあるのかも、と聞き込みを続けると、年末年始や祝い事の際に島民が参拝する『宝満神社』の話を耳にした。この神社は、「五穀豊穣」のほか、「金運」や「勝ち運」にも効果があり、売り場の販売員も祈願に訪れているという。

「お祭り事以外ではあんまり人が集まらん所なんで、人がおらん間に運気をため込んで、お参りする人にたっぷりくれるんよ」(販売員)

 また、島の東にある『千座の岩屋』は強力なパワースポットとして知られている。「千人の人が座れる」ほど広いことから、この名をつけられたトンネル状の岩屋は、潮が引いた数時間だけ中をくぐることができる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング