【キャラビズム】現代の家庭の主人は、夫ではなく妻である!

NEWSポストセブン / 2014年9月20日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
 ●Tant que la vente des herbes dangereuses ne sera pas interdite, les accidents continueront !
危険ドラックの販売を許す限り、事件はなくならない!

●Dans les nouveaux ménages,le maître de maison n’est pas le mari,c’est la femme !
現代の家庭では、主人は夫ではなく、妻である!

●Pour voir ce qu’il ya dans le corps humain,elle tue son amie,peut-être une maladie contemporaine ?
人間の体の中をのぞきたいだけで、友達殺す!それは現代病のあらわれかな?

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング