ASKA 「妻の愛」調書を無視し愛人に法廷告白した理由は何か

NEWSポストセブン / 2014年9月13日 7時0分

 9月12日、覚せい剤取締法違反などの罪で起訴されたASKA被告(56)に判決が下る。裁判官の判断に大きく影響すると見られているのが、「ラブソングの名手」が公判で堂々と語った「愛の言葉」だ。

 8月28日の初公判。1987年に結婚した元フリーアナウンサーの妻・洋子さんの供述調書を弁護側が読み上げた。昨年4月以降、洋子さんが立ち会って毎週、検査キットで覚醒剤の有無を調べていたことが明かされた上で、調書にはこう記されていた。

「健康だった頃の姿に戻ってくれるのを願い、娘、息子と寄り添い、夫を支えていきたいと思います」

 サポートを約束することで夫の情状酌量を求めようとする妻の思いが伝わってくる。ところが、それに続く検察側の被告人質問でのASKA被告の発言は妻を裏切るものだった。

検察官:「あなたにとって(一緒に逮捕された)栩内(とちない)香澄美被告はどんな人か」

ASKA:「大事な人です」

検察官:「大事で好きな人か」

ASKA:「はい」

 栩内被告は初公判(7月22日)で交際期間を10年と明かし、ASKA被告は公判で6年と述べた。

 さらにASKA被告は今後の関係を聞かれると、「ここで話すのは無理」といい、「まだ決められないのか」という問いに「はい」と答え、愛人への未練を吐露。ASKA被告の知人が明かす。

「彼はここ数年、栩内さんのことをよく語っていた。“彼女のおかげで自分は生まれ変わった”“いま音楽活動をしているのはすべて彼女のため”などと話していた」

 公判での「大切な人」発言は、栩内被告を思うASKA被告のストレートな思いだったのか。元東京地検特捜部検事の若狭勝弁護士が話す。

「この発言は栩内被告の裁判には悪影響を及ぼします。ASKA被告が愛情を告白したことで、裁判官に“容疑を否認している栩内をかばっている”との印象を与えた。さらに、一緒に覚醒剤を使用したと疑われる人間関係を断ち切れないと匂わせたことで、裁判官は再犯を懸念し、量刑を重くすることが考えられます」

 どうやら“余計な純愛”だったようだが、ASKA被告をよく知る芸能関係者はもう少し深読みする。

「復帰後のイメージを気にしているのだろう。栩内とは体の関係と切り捨てれば刑は軽くなるかもしれないが、ラブソングを歌うアーティスト生命は終わる。世間に“愛を貫く男”という印象だけは残したかったのではないか」

※週刊ポスト2014年9月19・26日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング