自殺は社会が解決すべき問題とする考え方 世界規模で広がる

NEWSポストセブン / 2014年9月15日 16時0分

 日本における自殺者の多さは社会全体で取り組むべき喫緊の課題である。自殺予防週間に合わせて、コラムニストのオバタカズユキ氏が、自殺について知識を深めるクイズを作った。

 * * *
 ネット上では特設サイトが設けられ、街中でも電話相談の案内入りティッシュが配られたり、講演会などのイベントが各地で開かれたりしているので、ご存知の方も少なくないと思う。9月10日から16日までの1週間は「自殺予防週間」である。

 毎年同時期に行われるこの催しは、2007年に閣議決定された「自殺総合対策大綱」において制定されたもの。2003年に、国際自殺予防学会と世界保健機構(WHO)が9日10日を「世界自殺予防デー」と定め、日本も数年遅れでそれに歩調を合わせたのだった。

 今年の自殺予防週間を迎えるにあたって、関係者の間で話題になったのは、WHOが自殺予防についてまとまった報告書を始めてリリースしたことだ。日本では国立精神・神経医療研究センターの自殺予防総合対策センターが翻訳を担当、『自殺を予防する 世界の優先課題』と題したPDF約90ページぶんを誰でも無料ダウンロードできるようにしている。

 同報告書には、世界の自殺研究の成果や自殺予防の子細な説明が網羅されており、巻末には172のWHO加盟国の「性別・年齢階級別の自殺志望者数と自殺死亡率の推定値」などのデータが付録されている。私も一通り読んでみたのだが、自殺を個人の問題ではなく社会が総力戦で解決すべき問題だとする捉え方が、世界規模でうねっている感触だ。

 ただ、自殺予防の素人の私が、ここで世界最先端の議論を紹介しても意味がないだろう。そう思い、かわりに報告書をベースとしたクイズをつくってみた。「自殺予防週間」は、自殺や自殺予防に関する正しい知識の普及や偏見の解消を目的としている。このコラムでも、みなさんにクイズを解いてもらいながら「へぇ」「なるほど」と思ってもらえれば幸いだ。

 作成したのは全10問。問題文が正しいか間違っているかを答えてほしい。間違いの場合は、どこが不正確なのか指摘もよろしく。では、ちょっとマニアックなクイズにいざ挑戦!

〇問題1:2012年の全世界の自殺死亡数は80万4千人と推定される。人口10万人当たりの自殺死亡率は11.4(男性15.0、女性8.0)。年齢に関しては、世界のほぼすべての地域で、男女ともに70歳以上の自殺率が最も高い。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング