要介護リスクが高まるロコモティブ症候群 犬にも確実に存在

NEWSポストセブン / 2014年9月19日 16時0分

 高齢化社会の到来とともに、要介護のリスクが高まると最近話題のロコモティブシンドローム(運動器症候群)。略してロコモと呼ばれるこの状態は、人間だけでなく犬にもあらわれる。犬のしつけ教室・Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、犬のロコモについて解説する。

 * * *
 ロコモ。くちこも、じゃないですよ、ろこも。

 初めて耳にしたときにゃ、カモンカモン・ドゥザロコモーション、ってつい口ずさんじゃいましたけどね。あれのことじゃない。

 最近よく耳にするロコモは、ロコモティブ症候群(和名は運動器症候群)。骨とか関節とか軟骨とか椎間板とかの運動器が衰えて、要介護になるリスクが高まる状態のことをいうらしい。

 人間だれしも、ピンコロでこの世とおさらばしたい。その願いをかなえるには、このロコモ予防ってのが大切、ってなことになる。なるほどって、ここで気になるのが、犬のロコモ。

 現在の犬の平均寿命は十四歳超、人間の年齢に換算すると七十数歳ほどに。歩行を補助するためのハーネスをはじめ、犬の介護用品は今やたくさん売られてる。動物病院の中には、ロコモ予防を大きく謳ってるところもある。

 ロコモは確実にあるってことですよ、犬にも。今は亡き私めのパートナーの1匹は、変形性脊椎症っちゅう病気に晩年なりましてね。病気がわかる前、時々動きが鈍くなってた。思えば、あれ、ロコモ。

 よろよろと今にも倒れそうな感じで散歩している、そんな高齢犬を見ることも多い。あれもロコモ。

 ロコモ予防には、人間はスクワット運動がいいなんていわれてるけど、あるんですよ犬にも、スクワット。犬のは、オスワリ→4つ足立ち→オスワリ、を繰り返す。下半身の運動器の衰えが防げる。

 他には……って、またまた誌面が尽きてきちゃった。続きを聞きたい方は9/28の日曜、ホテルニューオータニまで来てくださいな。

 日本臨床獣医学フォーラムで、高齢犬をテーマにした講演をいたしますんでね(※HP参照 http://www.jbvp.org/forum/index.html)。

 なんだ宣伝かよって、まぁそういわずに、続きは28日に……ね。

※週刊ポスト2014年10月3日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング