『地獄先生ぬ~べ~』実写ドラマ化 原作ファンの期待と不安

NEWSポストセブン / 2014年10月11日 7時0分

 10月11日よりスタートするドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系・毎週土曜21時~)。原作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された同題の漫画で、霊能力をもった教師・ぬ~べ~が左手に宿った霊能力を用いて妖怪や悪霊から生徒達を守るというストーリーだ。

 主演のぬ~べ~こと鵺野鳴介(ぬえの・めいすけ)役には、関ジャニ∞の丸山隆平が抜擢されておりジャニーズファンからは期待の声が上がっているが、原作ファンはどのように感じているのか。小学生の頃から「ぬ~べ~」ファンだというAさん(25歳)は次のように話す。

「原作は舞台が小学校ですが、ドラマでは高校になっています。生徒が小学生だからこそ、ぬ~べ~が教師として活きてくると思うので、この設定はちょっと不安ですね。雪女のゆきめ役にキャスティングされた元KARAのジヨンちゃんは可愛くて大好きですが、日本語でどこまで役をこなせるのか心配です」(Aさん)

 別の原作ファン・Bさん(26歳)も期待と不安が入り交じっているようだ。

「僕が子どもの頃、ぬ~べ~は単なるバトル漫画ではなくて、怖くて夜の学校に行けなくなるような生々しい作品でした。坂上忍さんが覇鬼(地獄からの使者)役ということで、ギャグ要素が強くなりそうな予感がしますが、子どもがおもしろさと恐怖を一緒に感じられるような魅力をドラマで表現してほしい」(Bさん)

 一方で、主演の丸山隆平について期待する声も多い。原作ファン・Cさん(27歳)はこう語る。

「以前、ドラマ『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(テレビ朝日系)で丸山さんのことを知りましたが、振り切った演技にすごく好感が持てました。ぬ~べ~ファンとしては、またしっかりとぬ~べ~を演じてくれると期待しています」(Cさん)

 熱狂的な原作ファンが多い作品は実写化に不安の声が上がりやすいが、ドラマならではのおもしろさを見せてくれるのではないか、と期待する声も少なくないようだ。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング