ざわちんの「ものまねメイク」に挑戦した女子大生たちの苦労

NEWSポストセブン / 2014年10月12日 16時0分

「ものまねメイク」で世間を圧倒し、瞬く間に人気者となった「ざわちん」。女性から男性までさまざまな顔に変化させるメイクテクニックは多くの人を驚かせている。最近では、ざわちんのメイクを真似して、憧れの芸能人の顔の再現に挑戦する女性も続出しているのだという。

 とはいえ、そこには様々な苦労があるようだ。女子大生のAさん(21歳)は、実体験から次のように語る。

「ざわちんがブログで掲載していたAKB48の大島優子風ものまねメイクを実践してみました。S字型の困り眉毛の書き方などは参考になりましたが、ざわちんのように元から可愛い顔じゃないと、全然似ない(笑い)。

 とくに、もともと涙袋(※目の下まぶたのふくらみ)があるざわちんは良いけど、私はのっぺりした目元なので、違和感が出てしまいました。この顔で実際に街に出たら、ケバすぎると思われるはずです」(Aさん)

 また、同じくものまねメイクに挑戦した女子大生・Bさん(22歳)も、Aさん同様、うまくいかなかったのだという。

「AKB48のこじはる(小島陽菜)や、北川景子ちゃんのものまねメイクに挑戦したことがあります。どちらもアイメイクのプロセスはほとんど一緒で、タレ目ぎみにするかツリ目ぎみにするかの違い。とはいえ、素人がやってもなかなか上手くいきませんでした。

 顔の輪郭や髪型、鼻のかたちは完全に真似できないので、満足度は低かった。やっぱり元の可愛さが重要なんでしょうね(笑い)。でも、ざわちんの試み自体は女の子のコンプレックスを解消するのに一役かっていると思うので、尊敬します」(Bさん)

 ざわちん本人が公言しているように、彼女がやっているのは「ものまねメイク」。どのようなテクニックを使えば憧れの人の顔に近づけるのかは、ざわちん同様、自分自身の顔の特徴を踏まえて試行錯誤する必要があるのだろう。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング