あまりに面白く笑いをこらえるのが大変な『スパルタ婚活塾』

NEWSポストセブン / 2014年10月6日 16時0分

【書評】『スパルタ婚活塾』/水野敬也/文響社/1512円

【評者】西垣有佳子(ブックファースト京都店)

 あまりに面白く、笑いをこらえるのが大変なので、電車の中では読まない方がいい。笑いがこみ上げ、読むペースがいつしか速くなり、思わず「なるほど」とうなずいたり、あの時こうしておけばよかったのか…なんて過去を思い出したりすることも。男性向け人気恋愛指南本『LOVE理論』の著者が、今度は女性のための婚活本を執筆。徹底的に男目線でぶちまけられた婚活理論は、男心を掴んだ実践的で目からウロコのアイディアが満載である。

 著者曰く、アラサー女子が結婚できない理由は「値踏み」であるという。デート中や合コンのあらゆるシーンで男を値踏みし、女子会での笑いのネタにしてしまう。わが身を省みると、確かにやっているお決まりのパターン。

 そんな時は、著者提唱の魔法の言葉「逆に、楽しい!」と言ってみよう。みすみす男性の魅力を見逃さないためには、ありえない状況を「逆に、楽しい!」と思うことだ。たとえスーツにリュックで登場しても、たとえイマイチなレストランに連れて行かれても、即座に「逆に、楽しい!」。楽しい面に目を向ける新たな思考回路が、先の可能性へと続くのだ。

 愛也先生(水野さんは婚活論を説くとき「敬也」から「愛也」に変わる)はこうも言う。生まれ持った容姿や才能ではなく、本人の「努力」で理想の結婚を手にしようと。婚活という涙あり笑いありの旅には、予想もしなかった素敵な出会いや出来事があるかもしれない。そんなチャンスをものにするため、本書を読んで「婚活力」を鍛え、できることは全てやろういう覚悟を決めれば、きっといつか「努力」が実を結ぶ!!

※女性セブン2014年7月10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング