香港民主化運動 チョウ・ユンファ、アンディ・ラウらも支持

NEWSポストセブン / 2014年10月5日 7時0分

 香港政府トップの行政長官選挙で立候補資格を制限することに対して抗議する民主派学生らの座りこみ占拠運動は一般市民も合流するなど、香港では民主派勢力が勢い付いている。そんななか、香港出身の著名スター、周潤發(チョウ・ユンファ)氏や劉徳華(アンディ・ラウ)氏らも続々と学生への支持を表明している。

 この裏には、香港警察が初日に催涙弾を使用したうえに、学生らと衝突して多数の負傷者を出したことへの抗議が含まれており、政府側の作戦ミスといえそうだ。

 香港警察は9月26日深夜から27日早朝にかけて、座りこみを続けていた学生らを目掛けて、多数の催涙ガスや催涙スプレーを発射したうえで、数千人の警官隊が出動し、学生らと衝突し、数十人が負傷し、学生60人以上を逮捕した。

 これに対して、チョウ・ユンファ氏は10月2日付の香港紙「リンゴ日報」のインタビュー記事のなかで、「香港政府のやっていることは間違っている」と指摘したうえで、「香港の学生は平和的に、理性的に彼らの要求を訴えているのに、なぜ香港政府は催涙弾を使うのか」と主張。さらに、チョウ氏は「もし政府が再び暴力を使うようなことがあれば、香港市民の強い反感を買うことになろう」と強く批判している。

 そのうえで、チョウ氏は「政府は学生らの要求を避けてはならない。まず、最初の過ちは、彼らが要求していた梁振英(香港)行政長官との話し合いを拒否したことだ。これによって、不満の波が広がり、座りこみ占拠運動の前倒しを真似ていてしまったのだ」と述べて、梁長官は学生らとの話し合いに応じるべきだとの見解を明らかにした。

 香港ではチョウ氏と人気を二分するほどの人気俳優であるアンディ・ラウ氏も9月30日夜、自身の公式サイトでコメントを発表。

「催涙弾や武力、罵声はいらない」と述べて、まず警察の対応を批判。そのうえで、学生らに対して、「少数の人々の挑発に乗せられてはいけない」「身の安全に気をつけ、家族が心配していることを自覚してほしい」などと運動参加者を気遣う心根を見せた。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング