中3男子買春で逮捕された35歳女 地元の知人が性の傾向語る

NEWSポストセブン / 2014年10月6日 16時0分

 9月25日、長野県安曇野署と県警少年課が児童買春・児童ポルノ禁止法違反と脅迫容疑で田中明代容疑者(仮名・35)を逮捕した。

 捜査関係者によると、田中容疑者は7月下旬、15歳の男子中学生に金を払うといって淫行に及び、さらにLINEでその関係を知人にバラすといって脅していたという。

「1回数千円程度を支払って、肉体関係を求めていたようだ」(捜査関係者)

 無職の田中容疑者は生活保護を受給していた。つまり、生活保護費から“買春費用”を捻出していたという容疑なのである。彼女は安曇野市南部の出身。中学時代の先輩が語る。

「中学時代は目立たない地味なタイプだったが、地元の高校を中退したあたりから変わった。男関係が派手になり、地元では声をかければついてくると有名でしたよ。結婚は2回して、2回離婚したようだ」

 さらに別の知人は、田中容疑者の性欲についてこう証言する。

「7~8年前かな、常連だったパチンコ仲間たちとの飲み会があった時に、『私は200人斬りだ』と豪語していた。あれはたぶん本当。

 男たちは酔っぱらって女とヤリたくなると、3人くらいで彼女のアパートに行ったりしていたからね。今は果たして何人斬りまでいっていることやら」

 田中容疑者がPTAの会合の二次会で利用したという近隣の飲み屋の店主も、その時の印象をこう語る。

「髪の毛はショートで、まあ、年相応という感じかな。中肉中背でとくに太っているとか痩せているということはなかった。

 歌がすごく上手くて、お酒が入るとAKBの曲をカラオケでノリノリになって歌っていた」

※週刊ポスト2014年10月17日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング