ロト 数か月前から「21」が理論値を超え多数出現している

NEWSポストセブン / 2014年11月4日 16時0分

 自分の好きな数字を選んで買う数字選択式宝くじ「ロト」。現在発売されているのは3種類で、それぞれの当せん金の最高限度額は、ミニロトが4000万円、ロト6が4億円、そしてロト7が8億円だ。

 その「ロト」で、数か月前から「21」が多く出現しているのをご存じだろうか。10月には、ミニロト・ロト6・ロト7のすべてで理論値の3倍を超える出現回数となっている(10月21日現在)。

 ミニロトは毎月第3火曜の抽せんで21が最も多く出現しており、11月18日(火)と12月16日(火)は狙い目。ロト6は月曜よりも木曜に21が出やすく、ロト7は70回や80回のような区切りの回に出やすいという特徴がある。

 しばらくの間はラッキー数字の「21」を選択することが、高額当せんにつながるかもしれない。

※女性セブン2014年11月13日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング