歯周病のリスク たばこを吸う人は吸わない人に比べて5倍にも

NEWSポストセブン / 2014年11月11日 11時0分

 先進国でダントツに歯に対する意識が低いといわれる日本。想像以上に怖いのが歯周病だ。歯周病で一気に歯を失うケースも少なくない。心筋梗塞を引き起こすケースもある。

 たばこを吸うと、歯周病のリスクは高まる。ニコチンによって血管を縮ませるので、体が酸欠・栄養不足状態になり、体の抵抗力が低下する。よって、歯周病になりやすく、治りにくくなる。また、完治しても再発しやすいため、たばこを吸わない人に比べ、歯周病のリスクはなんと5倍!

 富沢歯科医院医院長・富澤直基さんが語る。

「喫煙すると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。歯周病を予防するためにも禁煙をお勧めします」

※女性セブン2014年11月20日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング