「めまいで立てない」検査入院の今井翼 病状を専門医が分析

NEWSポストセブン / 2014年11月14日 7時0分

「先週からめまいなどによる体調不良により立ち上がるのも困難になった」

 11月6日深夜に放送された『今井翼のto base』(文化放送)で、代役に立ったタッキー&翼の滝沢秀明(32才)は、そう言って相方の今井翼(33才)が検査入院したことを明かした。

 今井はジャニーズ事務所のオリジナルミュージカル『PLAYZONE』を長年牽引しているだけでなく、世界トップクラスの実力者がそろうダンスカンパニー『バーン・ザ・フロア・カンパニー』にゲストとして招かれたり、本場スペインで学んでいたフラメンコが評価され、昨年はスペイン親善大使にも就任した。

「彼のパフォーマンスはジャニーズの中でトップクラス。Jr.の指導にもあたってきただけに、立てないほどのめまいと聞いて、みんな激震が走ったそうですよ。“このまま彼が踊れなくなったらどうなるんだろう…”って」(芸能関係者)

 今井のように、深刻なめまいに悩まされた有名人は多い。カンニング竹山(43才)は、歩けないほどの激しい吐き気に襲われて大学病院で治療を受けると「良性発作性頭位めまい症」と診断された。

 めまいで何度も試合を欠場したなでしこジャパンの澤穂希選手(36才)も同じ診断結果だった。また、加護亜依(26才)や八代亜紀(64才)の場合は、「メニエール病」を告白している。東邦大学医療センター佐倉病院耳鼻咽喉科の山本昌彦名誉教授がこう説明する。

「めまいの原因は耳の病気と脳の病気からくるものがありますが、全体の7割は耳からくるものです。良性発作性頭位めまい症もメニエール病も耳の三半規管に原因がある」

 今井は突発性難聴を患っていたという報道もある。

「聞こえが悪くなってめまいを伴っている場合は、メニエール病の可能性が高いでしょう。非常に真面目で、几帳面で、物事を一生懸命考えているかたがかかりやすいですね。まずはめまいの原因を診断し、カウンセリングや投薬、運動療法、手術といった方法で治療はできます。また良性発作性頭位めまい症は、パソコンに向かう時間が長いなど、日常生活であまり動きがない生活の人がかかりやすいです。しかし頭部打撲や交通事故のむち打ちなどの受傷歴があるとこの病気になる可能性があります。また、もしこの病気でしたら、内耳に動きの刺激を与えるほうが良いことからむしろ踊ったほうがいいでしょう」(前出・山本氏)

※女性セブン2014年11月27日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング