【キャラビズム】戦争を知らない若者、ゲームと現実を勘違い

NEWSポストセブン / 2014年12月6日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

* * *
■Le virus Ebola nous rappele qu’il y a encore beaucoup de dangers inconnus !
エボラウイルスは地球にまだまだ多くの危険な道があることを物語っている!

■Les jeunes qui n’ont pas connu la guerre semblent confondre les jeux électroniques avec la réalité !
戦争を知らない若者はヴィデオゲームと現実を勘違いしている!

■Hospitalisé, un homme devient une marmotte et apprend combien il n’est qu’une petite chose !
入院すると人間はモルモットになる、自分がどんなに小さなものかを知らされる!

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング