安部晋三首相 焼肉店ではおまかせメニューを頼み内臓は必須

NEWSポストセブン / 2014年11月19日 7時0分

 総理大臣の一日の動きを知ることができる、新聞の首相動静欄。そこには仕事に関することだけでなく、どこで誰と食事をしたかという情報も掲載されている。そこで、首相動静から見えた首相が通う店を紹介する。

 2014年8月11日に安倍晋三首相が訪れたのは、東京・四谷にある焼肉料理『龍月園』。安倍首相が、以前、首相を辞任した後、元気づけようと知人が主催した食事会が開かれた場所だ。以来、お気に入りとなり、安倍首相は年に数回訪れている。

「最初は元気のなかった安倍さんがどんどん顔色もよくなられ、パワフルになっていくのを感じていました。最初はメニューをみて、タン、カルビ、ホルモン、ナムル、キムチ、サンチュを注文されていましたが、今はおまかせで、内臓は必須ですね」(オーナー・金田秀子さん)

 厳選の純国産黒毛和牛の炭火による焼肉は、脂がのって甘みが強く、とろけるような味わい。すべて自家製だというキムチも美味。豪華な内装の中、贅沢な気分で焼肉が味わえる。

【龍月園】
住所:東京都新宿区四谷1-20
営業時間:11時半~14時半(平日のみ)、17時~25時(ラストオーダー) 土祝は~24時(ラストオーダー)
定休日:日曜日
予算: 1人平均7000円

※女性セブン2014年11月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング