綾瀬はるかが福士蒼汰に飛び蹴り 笑い絶えぬドラマ撮影現場

NEWSポストセブン / 2014年11月19日 11時0分

 綾瀬はるか(29)が「30歳処女」役を演じる『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)が好調だ。初回視聴率14.3%から第4話まで右肩上がりを続け、17%台へ乗せている。

 人気の理由について、テレビ評論家の今井舞氏は、「綾瀬はとくに女性に人気。処女喪失シーンも彼女が演じればいやらしくなく、親子で一緒に楽しめる恋愛ドラマなのがウケている」と分析している。

 ただし男性ファンからは、「綾瀬が痩せすぎで少し残念」「もうちょっと健康的な体のほうがもっと魅力が増すのに」なんて声も上がっている。

 元々綾瀬は太りやすい体質。過去、『ビューティー・コロシアム』(フジテレビ系)に出演した際は「太った新人アイドル」と銘打たれ、必死のダイエットの末、今の体型を手に入れた。日テレ関係者が明かす。

「だから毎日がダイエットなんです。食べることがとにかく好きなので、クリームパンやお菓子など、好きなものをよく差し入れしてくれる。でも、自分はカリカリ梅ばかり食べて我慢しているんです」

 撮影現場での食事は、スタッフ手製料理のビュッフェ形式が多いのだとか。

「太らないよう、ごはんやおにぎりは取らずに野菜ばっかり食べている。ロケ弁の時には弁当を持参するほど」(スタッフ)

 それでも決して神経質な様子はないと、このスタッフは笑顔交じりで話す。

「撮影現場は彼女のおかげで笑いが絶えない。(共演者の)福士蒼汰君と親しくなった綾瀬さんは、挨拶代わりに跳び蹴りしたり、共演の玉木宏さんに『休日は何しているんですか?』と聞いておいて、答えを聞く前に隣でコックリコックリ寝てしまったり(笑い)」

※週刊ポスト2014年11月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング