6億円当せんで年収2000万円が30年間続くとしたらこんな生活?

NEWSポストセブン / 2014年11月21日 16時0分

 誰もが夢見る高額くじ当せん。しかし6億円当せんしたら、ケタ違いの収入で生活が一変してしまうのでは…と、怖さを感じる人もいるだろう。だが、見方を変えたら、サラリーマンの平均年収約400万円の5倍、年収2000万円が30年続く計算! 高額当せんは、日々のプチ贅沢がずっと続く生活。そして、今までできなかったことが実現できるチャンスでもある。

 ファイナンシャルプランナーとしても活躍する消費生活アドバイザーの丸山晴美さんは、こう語る。

「私も時々高額くじを買いますが、前後賞含めず、たった1枚買うだけで最高6億円を手にできるチャンスがあるBIGは魅力的。6億円当たったら…年収2000万円の生活が30年間もできるんです!

 くじの当せん金は非課税ですから、税金を考えたら実質約3500万円近い収入があるのと同じ。平均年収400万円台といわれる今どきのサラリーマンの約9倍です!

 当たったら家や高級外車をドーンと買いたいところですが、生活が派手になると関連して出ていくお金が増え、瞬く間に使い果たしてしまいます。月々定額をプラスするなど、プチ贅沢な生活を長く一定に保つのが一番賢い。それでも旅行や食事は当然グレードアップ。教育費や老後の心配もなし。生涯ストレスフリーな生活ができるなんて、本当に夢がありますね」

 年収2000万円が30年間、つまり毎月166万円がプラスされることに。実際、年収2000万円だとどんな生活ができるのだろうか? 丸山さんは6つの例を解説してくれた。

【1】住宅ローンの支払期間が短縮できる
住宅ローンの支払い期間を繰り上げ決済で短縮。身軽になったら、資金形成のためにちょっとした不動産を手に入れるのもいいかも。

【2】子どもの教育費にお金をかけられる
子どもは小学校から大学まで私立が可能になり、習い事もどれを削るか悩む必要がなくなる。もう1人家族も増やせるかも!?

【3】専業主婦でのんびり。家事外注も可能
月166万円の生活費があれば、共働きの必要もない。働きたい場合でも、面倒な家事は代行業者などに外注。自由な時間が持てる!

【4】海外旅行は毎回ビジネスクラスで
年に1度行けるかどうかだった家族旅行も、海外に2回は行ける。もちろん飛行機はビジネスクラス。ホテルはスウィートだ。

【5】エステや高級化粧品など、プチ贅沢を実現
エステは痩身、美顔、アンチエイジング…と何でもござれ。毎日のお手入れも、憧れの化粧品が一生の定番ブランドになる。

【6】老後資金が不足する心配も解消
年金が当てにならない今、老後の蓄えは不可欠。高級老人ホームに入るにも自宅で介護を受けるにも不安がないって素晴らしい!

 まずは買わなきゃ始まらないのが高額くじ。初めて購入…という人のために、高額くじの買い方を紹介しよう。

 ジャンボ宝くじとLOTOは全国の宝くじ売り場で購入できる。一方、BIGは全国のBIGマークのお店のほか、パソコン、スマホ、コンビニでも購入が可能。購入したい口数(1口300円)を選ぶだけで、コンピュータがサッカー14試合の結果を自動的に選択してくれる。

 気軽に買える高額くじ。ぜひこの機会に試してみてはいかがだろうか。

※BIG当せん金の6億円はキャリーオーバー発生時の金額。通常は1等最高3億円。当せん金は、売上金額や当せん口数によって変動する。

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング