マッサン視聴率低下の原因 玉山鉄二がろくに働かないからか

NEWSポストセブン / 2014年11月29日 16時0分

「国民的」であることに変わりはないのだが…。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が朝ドラの現状を分析した。

 * * *
 NHKの朝ドラに異変が。「マッサン」の第8週週間平均視聴率が、19.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し話題を集めています。というのも、「ごちそうさん」から「花子とアン」まで、すべての週で週間平均は20%超えだったから。つまり、「あまちゃん」以来の20%割れ、らしい。

 ではなぜ、「マッサン」の視聴率が落ちてきたのでしょうか?

 原因を分析する声が、あちらこちらから聞こえます。多くの人は、「遅々として進まない展開」にイライラしているもよう。簡単に言えば、開始から2ヶ月たってもウイスキー作りに飛び込んでいかない、煮え切らない主人公に幻滅、そんな意見が目につきます。

 たしかに、ストーリー展開の遅さは視聴者離れの一因かも。けれども、もっと別の要因もあるのでは?

 ちょうど2日ほど前、ユネスコは「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」を無形文化遺産に登録することを決めました。丁寧なモノ作り、職人仕事の価値再発見。今、世界的に再評価されているタイミングです。
 一般的に、「職人」という言葉から受けるイメージは……自分の仕事に信念を持ち、謙虚で、努力家。コツコツと仕事をし、人が見ていないところでも自分自身の課題に向かって工夫を重ねる。寡黙で、問題を誰かのせいにしたりしない……。

 では、「マッサン」は? 問題の所在が見えてこないでしょうか?

 ご存じのように、主人公のモデルは、「ウイスキーの父」と呼ばれたニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。まさにモノ作りの象徴の一人です。ところが、その人物の描き方が、私たちが抱く「職人」のイメージや期待感と、大きなズレを生んでいるのです。

 玉山鉄二演じるマッサン・亀山政春は、ろくに働かない。昼まで家でぐだぐた。家賃は払わずに滞納。ご都合主義で突然、小説家になるとか、パン屋になるとか言い出す。

 ウイスキー作りに目覚め、本場・スコットランドで本格的に修業してきた人であれば、モノ作りの大変さやその魅力、凄さや深さを知っているはず。そう簡単に、「パン屋になってみよう」などと言うでしょうか? 他の職人仕事をリスペクトし、思いつきでモノ作りができるなんて甘い考えは持たない、ばずでは?

 それだけではありません。ウイスキー作りが本当にやりたい仕事なのかどうか、今一つ伝わってこないのです。もし、真剣にウイスキーが作りたいのなら、可能性が少しでもある場所へ出向いて自分からその職に食らいつくはず。頭を下げるはず。ところが、マッサンはせっかくのオファーにもいろいろ文句や難点をみつけて、仕事をしようとしない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング