秋葉原のJFリフレ 「添い寝30分8000円で馬乗り5分1000円」

NEWSポストセブン / 2014年12月1日 16時0分

 ファストフード店やコンビニよりも割のいい“性的アルバイト”に一見普通の女子高生たちが群がっている。

 東京・秋葉原駅近くのガード下には、夕刻になると多彩な制服に身を包んだ女子高生がずらりと並ぶ。愛想よくチラシを配る子もいれば、じっと佇んでいる子もいる。そのうちの一人と目があった。彼女は7月に18歳になった高校3年生で、奈央と名乗った。週に3日は「JKリフレ」でアルバイトをしているという。

「いろんなコースがあります。『添い寝コース』なら、30分で8000円。一緒にソファに寝そべってお話しするコースで、ハグ2回つきです。でも、胸を触ったりとかエッチなことはダメ」

 そう微笑む彼女の案内で、駅から少し離れた雑居ビルの7階へ上がった。エレベーターを降りると、店内はカーテンで個室のように仕切られていた。そのカーテンの向こうからは、ささやき合うような声が漏れてくる──。

 JKリフレとは女子高生によるマッサージ店のこと。2012年頃から急増した業態だ。2012年12月に18歳未満が働くことが禁じられたが、その後、摘発を逃れるために「JKお散歩」「JK撮影会」など、“非接触系”の業態を取る業者が雨後のタケノコのように登場した。実際には禁止されたJKリフレとやっていることは変わっていない。奈央が勤める店には豊富なオプションが存在する。

「たとえば腕枕、膝枕、(女性による)馬乗りはそれぞれ5分で1000円。ジャケットを脱いでワイシャツ1枚になる場合は2000円です。逆リフレもできますよ」

 逆リフレとは、客が金を払って女子高生の肩や脚、腰を揉むことを指す。これは5分間で2000円だという。「エッチな行為はダメ」でも客の手が胸やお尻に伸びることもあるというが、奈央は「その辺は我慢するしかありません」とあきらめ顔だ。オプションを細かく積み上げれば、平日なら1日で2万円、土日なら3万円ほど稼げるという。

 彼女たちの“勤労意欲”に目を付けてか、「裏オプを求めるお客さんもいます」(奈央)とのこと。“裏オプ”とは店外デート先で性行為に及ぶことだ。

「裏オプには店側は一切タッチしていません。女の子とお客さんの間で勝手に交渉しているという体裁です」(JKリフレ業者)

※週刊ポスト2014年12月12日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング