残業を頼まれた新人社員 「マジすか?」連呼で残業無事拒否

NEWSポストセブン / 2014年12月5日 16時0分

 毎年文化庁が発表して話題になる「国語世論調査」。今年は「ディスる」「きょどる」などの「~る」「~する」の新語が俎上にのりましたが、お局世代にさしかかった先輩OLさんにとっても若手社員の言葉遣いが気になるようです。その世代間ギャップがけっこう笑えます。

 * * *
るり(広告・31歳):最近、後輩が何いってるか、全然、わかんないんだけど。特にあの「とりま」とかいうやつ。

あき(流通・30歳):一瞬、犬の毛を刈る「トリマー」かと思うよねw

はるか(メーカー・26歳):いや、普通に使うよね? 「とりま、ビール」とか。

るり:「とりあえず まぁ」って意味なんでしょ? なんで、それを省略する! 聞いてるだけでモヤモヤするよ!

あき:目上の人に対する敬語もめっちゃくちゃだしね。

るり:後輩が部長に企画書を提出する時「自分的には大丈夫かなって思ってるんすけど、どうっすか?」とか、「この企画書、フツーにすごいって気がするんすよ」とかいってて、聞いてるこっちがヒヤヒヤした~。

さとみ(サービス・25歳):ま、ウチら確かに普通に上司から仕事振られても「無理です」とかいっちゃいますしね。

みか(IT・24歳):私も、残業は基本、「用事あるんで無理です。ごめんなさい」っていって逃げる。ごめんなさいがいえれば取りあえずオッケ。

さとみ:私の場合、残業は「マジすか?」攻撃で逃げるな。

はるか:その手もあるよね。「これ、コピーしといて?」っていわれたら「マジすか?」。「明日までにパワポで資料作っといて」っていわれたら「マジすか?」。

るり:マジもクソもあるか! ったく。そんなんだから、アンタら世代は、平気でお客様を怒らせるんだよ。

さとみ:確かに。

※週刊ポスト2014年12月12日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング