イケメン評論家が選ぶ 2014年にブレイクしたイケメンBEST4

NEWSポストセブン / 2014年12月7日 7時0分

 今年も残すところ1か月弱ということで、2014年に活躍したイケメンをピックアップ! イケメン評論家の沖直実さんが注目したのは、2013年に続き今年も活躍した福士蒼汰(21才)、東出昌大(26才)のふたりと、窪田正孝(26才)、鈴木亮平(31才)の4人。

 昨今のイケメンブレイクの法則を、沖さんはこう分析する。

「『ゲゲゲの女房』の向井理くんあたりから、NHKの朝ドラの相手役等で出ると売れるという法則があります。松坂桃李や東出くん、福士くん…みんな朝ドラに出演していますから、私はイケメン評論家として、来期の朝ドラのヒロインの相手役や兄弟役を早々とチェックしています。これまでは戦隊ヒーローやジュノンボーイからブレイクする流れがありましたが、最近はNHKの朝の連続ドラマに出演したらブレイクするという、暗黙の法則がありますね」(沖さん、以下「」内同)

 朝ドラの他にも、今年ブレイクした4人の共通点は、「ギャップ萌え」と「知性」だと沖さん。それぞれの魅力について語ってもらった。まずはドラマ『きょうは会社休みます。』で綾瀬はるかの年下恋人を演じ、女性視聴者を萌え転がせている福士蒼汰から。

「『仮面ライダー』から始まって、昨年は『あまちゃん』の相手役で勢いがついて、テレビや映画、CMへと続々と活躍の場を広げて主演も務めています。福士くんは今本当に人気がありますが、その魅力はギャップだと思います。かわいい笑顔がすごくいい。あの笑顔の犬歯が萌えますね。りんごを囓ってとお願いしたくなる(笑い)。

 だけど、183cmの長身で実はすごく体を鍛えていていい体しているとか、かわいらしい顔で英語とイタリア語をペラペラ話したりするそのギャップが福士くん萌えですね。放送中のドラマでもすごく年下ながら引っ張っていく男らしさがかっこいいですし、ドラマが受けているのも、女の子がつきあいたい年下男子No.1の福士くんならでは」

 東出は、『あまちゃん』、『ごちそうさん』と立て続けに朝ドラに出演。『ごちそうさん』では杏の相手役を務めただけでなく、杏との熱愛も話題に。

「杏さんの相手役になったのは大きいですね。一気にブレイクした感じがあります。『あまちゃん』『ごちそうさん』と連続して出演し朝の顔になったことで、おばさん世代にまで知られてファン層がすごく広がったのと、役にマッチして人気が広がりました。

 東出くんも190cm近い長身で、実はパリコレ出身という一流のモデルさん。それでいて、子どもの頃から剣道を続けていて中身が男らしく、『ごちそうさん』の撮影の随分前から大阪に引っ越して大阪弁を練習していたりと男気がある。パリコレに出てるような外見で、中身はちょっと古い昭和男子というギャップが魅力。彼の素を追ったドキュメンタリーやトーク番組を見ると、すごく優しい人だなというのを言葉の端々に感じます。これは杏さんも惚れるだろうと。日本人のわびさびを知っているという感じがいいですね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング