心血管改善にA評価のDHA インフル対策にも期待の実験結果

NEWSポストセブン / 2014年12月8日 16時0分

 冬の訪れとともに、気になるのがインフルエンザ。首都圏では7年ぶりで11月中に流行が始まったことも話題となり、予防への取り組みを強めている家庭も多いだろう。そうした中、11月にDHA・EPA協議会より発表された「DHA・EPA協議会ニュースレター VOL.5」によると、秋田大学と大阪大学が実施したマウスを使った共同研究により、青魚などに含まれる不飽和脂肪酸DHAに、インフルエンザを予防・治療する働きが期待される結果が出た。

 この共同研究では、2009年に日本でも大流行した「インフルエンザ(H1N1)2009」を感染させたマウスに対して、DHA代謝物(プロテクチンD1、以下PD1)がどういった効果を表すかを検討・確認したもの。

 そのひとつは、インフルエンザ感染前と感染直後にPD1を投与したマウスと、投与していないマウスを比較。前者が感染後14日間の生存率が100%に対して、後者は10日で40%を下回るなど、PD1がインフルエンザに予防的に働くことが示された。また、PD1がインフルエンザウイルスに与える影響について調べた培養細胞を使った実験では、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用が確認されたという。

 こうした結果を受けて、予防医学と食の関係を研究する早稲田大学研究院の矢澤一良教授は、DHAの有用性や可能性について大きな期待を寄せる。

「予防医学は、病気になってから治療する『治療医学』とは異なり、病気にかからないことを目指しています。同じ環境で生活しても、風邪をひきやすい人とひきにくい人、生活習慣病にかかりやすい人とかかりにくい人がいます。実はその違いは食べ物にあることが少なくありません。だから食べ物を賢く選んで、ヒトの機能を調節する――その考え方が予防医学の根底を成しています。治療医学においても予防医学と同じ目的で、ワクチンを用いた予防接種が行なわれています。しかしワクチンに相当する作用を持つ食品成分も存在します。そのひとつがDHA・EPAです。

 DHA・EPAは免疫力を向上する作用がすでに認められているため、インフルエンザの予防を期待できることがわかっていました。今回の実験結果から、インフルエンザウイルスの種類にかかわらず、DHA代謝物は体内に侵入したウイルス増殖を抑制する可能性が十分にあり、このことは大変貴重な成果であるととらえています。今回見出されたDHA代謝物の作用が、DHAの摂取で起こるかという点については、現段階ではまだわかりませんが、私は今後の研究の進展により解明される可能性があると考えています」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング