今年は濡れ場シーンの当たり年 女王は上戸、広末、安達ら

NEWSポストセブン / 2014年12月11日 16時0分

 今年は清純派や大物女優たちが、次々と衝撃の濡れ場に挑んだ「当たり年」として記憶されることだろう。2014年、映画やドラマで美女たちが披露したセクシーシーンをバッチリ思い返し、勝手に表彰しちゃいます!

 今年、最も話題をさらったドラマは流行語大賞にもノミネートされた『昼顔』(フジテレビ系)だろう。健康的で明るいイメージの上戸彩(29)が不倫に溺れる人妻を演じた衝撃は大きかった。

 視聴者を一気に引き込んだのが、ドラマの初回冒頭、上戸がけだるい表情でアイスクリームをなめ回すシーン。

 物欲しげな口元は、その後の乱倫の展開を暗示するのに十分だった。不倫相手の高校教師とのベッドシーンも圧巻。首筋にキスされ、服の上から推定Eカップの胸に顔を埋められると、次第に上戸の吐息が漏れ、頬が紅潮しはじめる──。

 露出は少ないものの「本気度」の高さをうかがわせる描写だった。人妻となってからますます演技の幅が広がっている。

 清純派出身の人妻といえば広末涼子(34)の熱演も忘れてはならない。『聖女』(NHK)では、家庭教師として教え子の男子高校生と濃厚なキス&ベッドシーンを演じた。

 勉強シーンでチラチラと広末の白いブラウスから胸元が覗く。ネックレスの下の膨らみは何とも扇情的で、AVさながらの「夢のシチュエーション」だった。

 それまでのイメージをかなぐり捨て、映画でフルヌードに挑んだ女優たちもいた。『花魁道中』の安達祐実(33)と、『海を感じる時』の市川由衣(28)だ。

 安達はタイトル通り花魁として、複数の情事を演じきった。今も子役時代の印象が残る童顔は変わらないが、騎乗位で自ら激しく腰を揺らし、後背位では突かれるたび苦悶にも歓喜にもとれる表情で眉間に皺を寄せた。

「童顔ゆえにこれまで大人の女優になかなか脱皮できなかったが一皮むけた。意外にボリュームのある美乳に驚きました」(映画評論家の秋本鉄次氏)

 市川由衣はグラビアアイドルとして一世を風靡した後、映画『ラフ』『NANA2』などでヒロイン級を演じたザ・清純派。

 しかし今回の作品では目隠し状態で純白のブラを剥がされたかと思えば、全裸で男にまたがり、形のよいバストを揺らした。過激度は本年のトップクラスだ。

※週刊ポスト2014年12月19日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング