第1子誕生の浅尾美和「ママタレで生き残るのは難しい」の評

NEWSポストセブン / 2014年12月23日 11時0分

 小麦色の肌で砂浜を躍動した「ビーチの妖精」が母親になった。12月16日、元ビーチバレー選手の浅尾美和(28)に待望の第1子が誕生し、自身のブログで〈出産という自分の人生にとってとても大きな出来事に想う事が多く、うまく文章にできません〉とファンに喜びを報告した。

 浅尾は2012年末に現役を引退し、翌2013年4月に結婚を発表。東京で美容師をしていたバレーボール経験者の30代の夫とは浅尾が21歳の時に知り合い、25歳頃から交際に発展したという。

 夫は結婚を機に独立し、名古屋近郊で美容室を開業して、浅尾も生活の拠点を移した。2014年2月に名古屋市内のホテルで挙げた結婚披露宴の模様はレギュラー出演する中京テレビの番組内で放送された。

「アスリート」と「妻」という肩書きに加えて、これからは「母」の役割を担う浅尾だが、全国区の人気を博した現役時代に比べたら、「アスリート」としての仕事ぶりはかなり地味な印象だ。

「現役時代は愛くるしい美貌と抜群のスタイルで多くのファンを獲得しましたが、オリンピックに出場したわけでもなく、国内で圧倒的な強さを誇ったわけでもない。

 アスリートとしての実績は決して一流ではなかったので、スポーツ全般のレポーターを務めるには力不足だった。かといってトークが得意なタイプでもないので、バラエティ番組向きとはいえなかった」(テレビ局社員)

 引退時に所属事務所は「スポーツレポーターなどの仕事はサブで、子供教室を開くなどあくまでビーチバレーの仕事がメイン」と今後の方向性を語っていたが、現在はタレント活動がメインといっていいだろう。

 地方でのイベントに出演することも多く、2013年8月には競艇場での1回15分のトークショーのギャラが200万円だったと『週刊新潮』に報じられた。その方向では最近流行の「ママタレント」という道も開けるが、人気のジャンルだけに競争は激しい。

「辻希美や小倉優子、木下優樹菜、藤本美貴など、ママタレ枠にはアイドルやグラビア出身のタレントがひしめいている。

 ママタレとして活躍できるのは、主婦の共感を得られる親しみやすさと、憧れられる存在感を兼ね備えたほんの一握り。ママタレとして生き残るのは至難の業です」(広告代理店社員)

 ビーチバレー選手としては手に入れられなかったトップの座を、ママタレとして手に入れる戦いが始まった。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング