江角マキコ テレビ局行脚で「雇用延長活動」展開する逞しさ

NEWSポストセブン / 2014年12月27日 16時0分

 バラエティ番組『私の何がイケないの?』(12月1日放送・TBS系)で、頬を赤らめながら、夫とのセックスの「始め方」を赤裸々に語った江角マキコ(47)。

 かつて大ヒットドラマ『ショムニ』で演じたOL役、あるいは社会保険庁のCMで「今納めていればきちんと受け取れる!」と若者をどやしつけていた男勝りなイメージからは想像しにくい発言だった。

 番組内で「週3~4回以上、夜の営みがある夫婦は収入が高い」という話題が出ると、「ウフフ」と意味深に笑い、「私を映さないで」と照れてみせた。同番組関係者の話。

「夫婦のセックスレスが社会問題になるなかで、江角さんなりのセックス論を語ったことは、主婦層に好感を持って受け止められた」

 江角が私生活までネタとして“切り売り”するのには深い理由がある。

 2014年7月、自らのブログで「ママ友からいじめ被害にあった」と告白したことがきっかけで、逆にママ友から「いじめたのはあなたの方」と反撃を受け、ついには「ママ友界」で対立していたとされる長嶋一茂邸への「落書き騒動」まで明るみに出た。

 落書きしたという当時の江角のマネージャーが警察の事情聴取を受ける事態に発展し、ブログで謝罪に追い込まれた。

「痛手だったのは、クリーンなお説教キャラクターが崩れてしまったこと。イメージが大切なCMはもちろん、ドラマのオファーも減ってしまった。江角主演の『ショムニ』のスペシャルドラマの企画もお蔵入りしてしまったようです」(テレビ局関係者)

 仕事が減っただけではない。江角家の事情を知る人物が明かす。

「いじめ騒動後に2人の子供をインターナショナルスクールに転校させたのだが、授業料が高額で教材費などを含めると1人年間250万円かかる。江角さんの夫はフジテレビのプロデューサーで高給とはいえ、江角さんの収入が減っては困る状況だ」

 だが、そこからがたくましかった。ぶっちゃけトークで話題を作るだけでなく、テレビ局を行脚して“雇用延長活動”を展開したという。前出のテレビ局関係者がいう。

「落書き騒動の後、レギュラーを持っているテレビ各局に出向き、自らスタッフに丁寧に事情を説明。最後は“出演を続けたい”と頼み込んだそうです」

 その結果、『私の何がイケないの?』のほか、『バイキング』(フジテレビ系)や『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のレギュラーは変わらずに務めている。

 いじめ騒動で一時は「芸能界引退」まで囁かれた江角だったが、子供の教育が絡んでくるとなれば、やはり母は強い。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング