錦戸亮と満島ひかり ドラマ打ち上げで「食べさせあいっこ」

NEWSポストセブン / 2014年12月30日 7時0分

 宮藤官九郎(44才)脚本、錦戸亮(30才)と満島ひかり(29才)のW主演ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)。低視聴率ながら録画率1位という状況に、クドカンが自身の連載やラジオ番組で苦悩する心境を明かすなど、ラストまで注目を集めた。

「帰りに東方神起が表紙の『女性セブン』買ってきて!」

 主演の錦戸演じる平助の母(森下愛子・56才)からそんな台詞が飛び出したこともあって、女性セブン編集部は妙な親近感を抱いておりました。というわけで、12月中旬に開かれた打ち上げも、全力で取材!

「2次会となったカラオケ店では、100人前後の参加者を想定していたものの、150人近くが参加して、朝まで飲んだり歌ったりの大盛上がりでしたよ」(出席者)

 なかでも会場が興奮のるつぼと化したのはこんなシーンだった。

「聖駿高校をモチーフにしたケーキが用意されたんですが、みんなで食べさせあいっこになったんです。錦戸さんと満島さんがクドカンに食べさせた時は歓声があがりました。そして錦戸さんと満島さんも互いに“あ~ん”ってし合っちゃったもんだから、そのときは“ひゅ~ひゅ~”って一斉に冷やかしが(笑い)。出演者もスタッフも最後まで息ぴったりでしたね」(別の出席者)

※女性セブン2015年1月8・15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング