26歳OL 「二重にご縁を」で25円のお賽銭の危険性解説

NEWSポストセブン / 2015年1月5日 16時0分

 株の相場格言では午年は「尻下がり」、未年は「辛抱」の年なのだとか。昨年「尻下がり」で不幸が相次いだOLさんたちにとってもまだまだ「辛抱」が続きそうな1年のスタートです。新年の願い事を聞いてみると、仕事から結婚まで、さっそく神頼みだらけのようで……。

 * * *
ちーこ(機械・27歳):あまりにも不幸続きなんで、厄除けの神社に厄祓いに行こうと思ったら、仏像が盗難されたというニュースが流れてさ。しょうがないから別の神社に出かけたら、行く途中で今度はスニーカーの紐が切れて歩けなくなるっていう…この世には神も仏もないと思ったね。

みさと(教育・26歳):実は私も、この2年、泥沼不倫しててさ~。それも、新年のお参りのせいじゃないかと思ってる。

はるえ(メーカー・31歳):なんで???

みさと:私さ、お賽銭はいつも「25円」って決めてたの。「二重にご縁がありますように」って願いを込めて。でもさ、今年もそうしようとしたら友達に「アンタ、そのせいで“二重にご縁のある人”とばかり付き合ってるんじゃないの?」って。

はるえ:確かに不倫男は妻と愛人と二重に縁があるわなw

みさと:だから、もう絶対、25円のお賽銭はしない!

※週刊ポスト2015年1月16・23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング